尚美ミュージックカレッジ専門学校 管弦打楽器学科
管弦打楽器学科[2年制]
音楽総合アカデミー学科管弦打楽器コース[4年制]

2019年度 課題曲のすべて メニュー

課題曲のすべて

II.マーチ「エイプリル・リーフ」(近藤 悠介)
<課題曲2>クラリネット編

パート別ワンポイントアドバイス(クラリネット編/講師・中村めぐみ)

中村めぐみ曲に取り組むと同時に奏法を整え、基礎を見直す時間を常にもつようにしてください。身体も楽器の一部と考えてアンブシュアや構え方が安定するように組み立て、タンギングのノイズがないか、一つの音の中で音程が動いたりしていないかなど、素材を磨くことは、成功の大きなポイントだと常に思います。

このマーチは、演奏上特に困難な箇所があまりないので、上に書いた素材の良し悪しが大きく仕上がりを左右すると思います。

冒頭のトリルは、2つの音を同じくらいの大きさに作らず、記譜Gの音が主に聴こえるよう、エレガントに作りましょう。

[A]からのメロディはパートのユニゾンが澄んでいることももちろんですが、Sax.との音のブレンドをよく意識して分離しないようにしましょう。
また、[A]の1拍目の前打音、このパターンの時は常にきちんとタンギングしましょう。アクセントの音を濃く喋ることも意識して、ビートを生き生きと作ります。また、音の上下に従った自然な音の密度の変化を息で喋るように作りましょう。平らになってしまわないようセンス良く歌えるといいのではと思います。

[B]からのA.Cl.はとても重要なオブリガートのモチーフです。T.Sax.、Hrn.、Euph.との一体感を目指しましょう。A.Cl.においては、この曲にはこのような箇所が多く現れます。その都度意識してください。

[C]の3小節前の1拍目の裏の8分音符は美しく止めてください。このリズムの時は常にそうします。リズムの風通しが良くなるようにイメージしましょう。

Trioからも[A]で述べたCl., Sax.の一体感が重要です。[H]の9小節目のE♭ Cl.の、記譜Dの音は、楽器によっては音程が高くなる場合があります。本来添えるべき右手小指のキィを押さないで演奏してもいいかもしれません。他の楽器とのバランスを考えて作ってみてください。

[I]の3小節目の1st、2nd、3rd、A.Cl.のモチーフは埋もれがちになるかと思います。限界も感じますが、かなりはっきり作りましょう。

[K]からのメロディは、今までと違いマルカートの音楽になります。指揮者の先生の解釈にもよるかもしれませんが、マルカートになったことを明確にするとメリハリが出るのではと考えます。

[M]の1小節前、そして[M]1小節目のトリルはきちんとタンギングしましょう。なだれ込んでしまわないように気をつけてください。
[M]の3小節目は、1st、2nd、3rdの入りのタイミングがずらして書いてありますが、そのことにより時間的な乱れがないよう、うまく流れに乗りましょう。このことによる効果を狙うならかなりはっきり入ることが要求されますが、それほど明らかな効果が出るとは考えにくいです。

美しくブレンドされたユニゾンや、不自然でない歌い方、譜面に、あらゆる意味で正確に演奏することが大きな鍵だと思います。素材の良さを目指すことで、仕上がりに差が出てくると考えます。

頑張ってくださいね。

【中村めぐみプロフィール】
東京藝術大学器楽科卒業。第八回ヤマハ新人演奏会、同大学同声会新人演奏会出演。シエナ・ウインド・オーケストラ入団。ほか、オーケストラ、ミュージカルオーケストラ、室内楽、ソリスト、スタジオワークなどで、活動を続ける。東京クラリネットアンサンブル、東京クラリネットフィルハーモニー、シエナ・クラッツのメンバーとしてライブ、CDレコーディングに参加。シエナの公演、CDで多数コンサートマスターを務める。

2019年度 課題曲のすべて メニュー


ページトップ