スマートフォン版TOPへ

先生たちの素顔

普段はみられない先生の別の顔を発見!

■「先生たちの素顔」掲載一覧

これまでに登場した講師の全リストです。


大導寺錬太郎 音楽総合アカデミー学科(2017年11月公開)
高野 正一 ジャズ・ポピュラー学科(2017年9月公開)
磯田 昌宏 ミュージックビジネス学科(2017年6月公開)
佐々木 清裕 アレンジ・作曲学科(2017年5月公開)
井上 仁司 ミュージカル学科(2017年4月公開)
井上 まひろ 声優学科(2016年10月公開)
轟 光太郎 プロミュージシャン学科(2015年7月公開)
高松 俊 ヴォーカル学科(2013年10月公開)
滝沢 ロコ 声優学科(2013年9月公開)
大山 智 管弦打楽器学科(2013年7月公開)
大井 澄東 ポップスコンテンポラリー学科(2013年5月公開)
坂本 浩志 ポップスコンテンポラリー学科(2013年5月公開)
井上 仁司 ダンス学科(2013年5月公開)
佐々木 典子 ダンス学科(2011年6月公開)
小松 真理 アレンジ作曲学科(2011年6月公開)
佐藤 清志 音響・映像学科 (2010年7月公開)
HIDE ダンス学科 (2010年7月公開)
福冨 英明 ヴォーカル学科 (2010年7月公開)
市川 春行 アレンジ・作曲学科 (2010年7月公開)
折井 隆彦 音響・映像学科 (2010年7月公開)
長谷川 紗伊子 ヴォーカル学科 (2010年7月公開)
熱田 公紀 ピアノ学科 (2010年6月公開)
八木澤 教司 管弦打楽器学科 (2009年3月公開)
タキグチ ホクト ミュージックビジネス学科 (2008年10月公開)
広瀬 勇人 音楽総合アカデミー学科 (2008年8月公開)
近藤 剛志 音響・映像学科 (2008年6月公開)
河村 智昭 ヴォーカル学科 (2007年12月公開)
田原 アルノ 声優学科 (2007年5月公開)
寺沢 功一 プロミュージシャン学科 (2006年11月公開)
宮澤 聰宏 管弦打楽器学科 (2006年10月公開)
坂本 浩志 管弦打楽器学科 (2006年5月公開)
巻島 康一 声優学科 (2006年4月公開)
稲見 英夫 アレンジ・作曲学科 (2006年2月公開)
山崎 篤子 電子オルガン学科 (2006年1月公開)
岡野 勇仁 ピアノ学科 (2006年1月公開)
班目 加奈 管弦打楽器学科 (2006年1月公開)
河野 裕一 プロミュージシャン学科 (2005年12月公開)
岡本 忠好 ミュージックビジネス学科 (2005年12月公開)
久保田 幸生 音響・映像学科 (2005年11月公開)
武井 一仁 ダンス学科 (2005年11月公開)
野口 浩志 ミュージカル学科 (2005年11月公開)
岩田 学 アレンジ・作曲学科 (2005年10月公開)
豊島 良行 電子オルガン学科 (2005年10月公開)
成澤 節 ピアノ学科 (2005年10月公開)
オリタノボッタ 管弦打楽器学科 (2005年10月公開)
高野 正一 プロミュージシャン学科 (2005年9月公開)
越川 紀代美 ヴォーカル学科 (2005年9月公開)

※記事内容、一部講師の所属学科等は、記事公開当時のものになります。

私の「大切にしているもの」についてお話します。(前編)

34232.pngはじめまして、音楽総合アカデミー学科の大導寺錬太郎です。
専門はクラシックピアノで、ピアノを始めてから早40年が経ちます。
今回は、「私が今大切にしている2つの事」をご紹介致します。

【大切にしているもの その1「演奏活動」と「生徒指導」】
6歳からピアノを始め、コンクール・オーディション等、様々な舞台を経験し、いろいろな事務所主催のコンサートにも出演しましたが、やはり自主企画は最もやりがいがあり、達成感があります。
私がコンスタントに行っている自主企画コンサートは以下の4つです。

①「リサイタル」※隔年開催
毎回5月の末に行なっています。
今年は丁度リサイタルの年で、5月27日(土)に銀座の王子ホールで行ないました。
プログラミングは基本的にバロック・古典・ロマン・近現代・邦人作品を入れるようにしていますが、今回は近現代・邦人作品を省き、代わりにロマン派の大曲、リストのソナタ(演奏時間30分超)に挑戦、悪戦苦闘した甲斐あり、何とか無事終える事ができました。
今回で9回目、生涯で何回出来るか分かりませんが、可能な限り継続していきます。
自主企画の中では最も高い位置づけのものです。

②「鳩山ふれあいコンサート」(お楽しみコンサート地元版)※毎年開催
「鳩山」というのは、現在私が住んでいる町の名前です。
丁度埼玉県の真中辺りに位置する電車も通らない田舎町ですが、空気が綺麗で個人的にはとても気に入っています。
練習環境も良好で、防音と周りの家のご理解もあり、夜は23:00まで練習可能、また尚美までの通勤時間もドアtoドアで2時間弱と意外に楽です。
このコンサートの成り立ちは私が大学生の頃、町が主催していたクラシックのコンサートに出演した事がきっかけです。 その頃は町の上層部の方達もクラシックに理解があったのですが、徐々に関心が無くなったのか町主催のコンサートが立ち消えてしまいました。
ただ町内のクラシックファンの方々は継続して欲しいというお気持ちがあり、その要望にお応えする形で、16年前に自主企画として始めたものです。
何回か場所を変えて継続しており、現在は川越にある「ウェスタ川越」のリハーサル室(リハーサル室といっても200人位は入る、通常の小ホール程度の大きさがあります)で行なっています。
「鳩山」なのに川越で行うのは変に思われるかもしれませんが、残念ながら鳩山町内の会場ではピアノの状態が思わしくなく、来場者からもクレームが出るようになってしまった為、フルコンサートのグランドピアノがある「ウェスタ川越」に場所を移しました。
機種も世界の名器「STEINWAY&SONS」でとても弾き心地が良く、満足しています。当面はこの場所で行う予定です。
プログラムは毎回アンケートを取って、「次回のコンサートで聴きたい作品」をリサーチし、それに基づいてプログラミングします。
ショパンやリストといったロマン派の作品が多くなりますが、中には玄人好みするような難解な作品をリクエストする方もいらっしゃるので、それにもお応えしております。
またクラシックだけでなく、ジャズやポピュラーもリクエストに挙がりますので、それにも専門外ですが果敢に(?)挑戦しています。
またこのコンサートでは「クラシック質問箱」というコーナーを設け、クラシックに関するいろいろな疑問点等にお答えしています。
これも事前のアンケートで頂いたものを取り上げますが、当日新たな質問も出る事があり、良い緊張感の中で聴衆とのやり取りを楽しんでいます。
今年は10月28日(土)に第16回目を開催予定です。
毎年秋に行う事が多いのですが、クリスマスの時期や年始等その年のスケジュールに合わせて行なっています。
6歳下の弟も出演、互いのソロの他連弾も披露致します。

③「ピアニストのピアノ発表会」(お楽しみコンサート 都内版)※隔年開催
来年の5月に9回目を予定しています。
内容は「鳩山ふれあいコンサート」と同じです。
第1~3回は日暮里サニーホール コンサートサロン、第4回は表参道カワイ、第5回は埼玉会館小ホール、第6回以降は杉並区にあるsonorium(ソノリウム)という会場で行っています。
元々地元鳩山が遠すぎていらっしゃれない都内の方に開いた会ですが、最近では②の鳩山の方に都内から、逆に③の方に埼玉の奥の方から、とそれぞれのご都合に合わせていらして下さっているのでありがたい思いです。 
        
大導寺先生04.jpg ④大導寺錬太郎・俊平「オータムコンサート」※隔年開催
前出の「ピアニストのピアノ発表会」と同年に開催。
つまり「リサイタル」&「鳩山ふれあいコンサート」の年、「ピアニストのピアノ発表会」&「オータムコンサート」&「鳩山ふれあいコンサート」の年と交互に行っているわけです。
このコンサートも「鳩山ふれあいコンサート」同様、6歳下の弟との共演致します。
「鳩山~」と大きく異なる所は、基本的に私達が演奏したいものを弾くこと、また兄弟のアンサンブルが連弾では無く「2台ピアノ」であるところです。
前々回までは連弾のみだったのですが、昨年より2台ピアノ作品を取り上げようと奮起して4曲演奏、皆様にも喜んで頂けたので、今後も2台ピアノを継続していきます。
「双子みたいにそっくりですね」とか、弟の方が「お兄さんですか」と言われたり、逆に弟を私の「子供」と見る方もいたりといろいろですが、性格や音楽性は全く異なります。
逆にそれがアンサンブルする時には新鮮で、ソロ演奏で味わえない魅力と言えます。
同じ作品に取り組んでも感じ方が異なるので、新たな発見があり楽しく練習に取り組めます。
第1回は埼玉会館小ホール、第2・3回はJTアートホールアフィニス(虎ノ門)、第4・5回は王子ホール(銀座)、来年秋に第6回を東京オペラシティ・リサイタルホールで開催予定です。

大導寺先生03.jpg 【生徒指導】
①「RENの会」※毎年開催
この会は私が大学院時に立ち上げた会で来年で30回を迎えます。
当初はホームレッスンが中心で、小さいお子さんを教える事が多かったので、一応自分の発表会として始めましたが、子供の発表会でなく大人が集まる会としても対応できるよう「○○発表会」とせずに、私の名前の一部を取って「RENの会」としました。
かつて生徒とのジョイントリサイタル、また亡き父の追悼コンサートを「RENの会」として開催した事もあります。
初期の頃は年に2~3回行う事もあったのですが、現在は年1回、受験生もいる為、大体1月に行う事が多くなりました。
次回は30回と記念の年なので、2台ピアノを行う予定です。

②「バッハとエチュードの勉強会」※年3回実施
10年前から行っているプライベートの勉強会です。
高校生も参加するのでその各学期末試験に合わせて年3回実施しています。
以前は地元の鳩山で行っていましたが、最近は同じ埼玉県でも都心に近い浦和で行う事が多くなっています。
普段発表会では取り上げる事の少ないバッハやエチュードを積極的に取り組もうという会で、現在これにスケールやアルペジオといった基本的なテクニックも入れています。
練習途中の出来栄えでも構わないので、「人前で弾く事に意義あり」というコンセプトで続けていて、現在34回目です。
私も弟も練習途中のものを堂々と(?)演奏しています。

>>後編に続く>>
 


音楽総合アカデミー学科 学科長
大導寺 錬太郎


東京藝術大学卒。同大学大学院修士課程修了。故安川加壽子、秦はるひ、渡邊健二の各氏に師事。PTNA正会員。現代曲、室内楽に意欲的に取り組む。リクエストによるトークコンサートを都内では隔年に、地元では毎秋開催。兄弟コンサートもクラシックの大曲を盛り込み隔年開催。ソロリサイタルは東京オペラシティ、王子ホール、白寿ホール、日大カザルスホール、津田ホールで今までに8回催し好評を得る。

私の「大切にしているもの」についてお話します。(後編)

34232.png音楽総合アカデミー学科の大導寺錬太郎です。
前編では演奏活動のお話をしましたが、いかがでしたか?
今回は、私の大切にしている「演奏活動」「生徒指導」を支えてくれている、大切な弟たちについてお話します。

大導寺先生01.jpg 【大切にしているもの その2「2人の弟達」】
私には下に2人弟がおりまして、「演奏活動」の項で何度か登場している6歳下の弟と言うのは末の弟で俊平と言います。 今でこそ6歳違いと言ってもどちらもおじさんで変わりませんが、子供の頃の6歳差というのはかなり大きく、一緒に遊んだりした事は記憶にありません。
俊平も私と同じく6歳からピアノを始め、同じように歩んできたのですが、高校と大学は一般の学校に通い、高校ではグリークラブ、大学では聖歌隊に入って特に歌を楽しんでいました。
大学卒業後にまたピアノの世界に戻り、現在は私との演奏活動の他、歌の伴奏や、地元の短期大学でもピアノを教えています。
前述の通り、連弾又は2台ピアノの良き相棒としてサポートしてくれていて頼もしい存在です。
これまで私もいろいろな方と合わせてきましたが、なかなか上手く行かず、かえってソロの方が楽しめることも少なくありません。
しかし兄弟の場合は同じ血を引く為か、特に説明をしなくても、互いの音楽を理解して合わせる事ができ、兄弟ならではの一体感が生まれます。
兄弟でピアノが楽しめる事の幸せを噛みしめる瞬間です。
また共演以外では、譜めくり等でも世話になっています。
現代曲の初演や、室内楽等、またその他楽器の伴奏の際の譜めくりは大抵弟に頼みます。
譜めくりのタイミングがなかなか上手で、安心して演奏に集中できます。


大導寺先生02.jpg さて最後に真ん中の弟を紹介致します。
名前は創(そう)、小学校2年までピアノを習い一度挫折、小学校5年で母親の熱意に押され再度頑張るも、厳しい練習に耐えられず再度挫折...という音楽面では辛い経験をしています。
元々絵が好きだった事もあり現在イラスト系の仕事に就いております。
私との年の差は2歳で、この弟とは子供の頃から良く遊んでいました。
穏やかな性格で兄弟喧嘩をした事は一度もありません。
「演奏活動」の項で幾つかプログラムの写真を載せていますが、「鳩山ふれあいコンサート」のチラシデザイン、案内状、「ピアニストのピアノ発表会」のプログラムの鍵盤の写真を手書きイラストへの書き換え、又「RENの会」のプログラムのデザインは、この弟が全て担当しております(因みに年賀状も)。
イラスト面での協力の他、リサイタルをはじめとする演奏会には、ほぼ毎回裏方スタッフとしてまめに動いてくれて、本当にありがたい存在です。

尚美でも、これまでお話してきた経験を生かせるような授業を担当させて頂いています。
1年生ではバッハからベートーヴェンまでの基本的な知識を身につける「クラシック演奏法研究」、舞台マナーを学ぶ「ステージング演習」、2年生では実際にコンサートを企画して披露する「ステージング演習」、3・4年生では連弾・2台ピアノの作品を学ぶ「室内楽演習」等々...。どの学生も純粋で頭が柔軟なので日々の授業が楽しいです。
また私は音楽総合アカデミー学科の2年生の担任もしておりますので、時々学生の誕生会でも演奏して楽しんでいます。
今後も自分の活動の内容を更に進化させ、自分の音楽人生を豊かにすると共に、それが学生の指導にも活きるよう、日々精進したいと思っております。

 


音楽総合アカデミー学科 学科長
大導寺 錬太郎


東京藝術大学卒。同大学大学院修士課程修了。故安川加壽子、秦はるひ、渡邊健二の各氏に師事。PTNA正会員。現代曲、室内楽に意欲的に取り組む。リクエストによるトークコンサートを都内では隔年に、地元では毎秋開催。兄弟コンサートもクラシックの大曲を盛り込み隔年開催。ソロリサイタルは東京オペラシティ、王子ホール、白寿ホール、日大カザルスホール、津田ホールで今までに8回催し好評を得る。

こんにちは!SHOBIの優しいパパこと高野です。

DSC_2280.jpgこんにちは。ジャズ・ポピュラー学科長の高野(たかの)です。

ロックベースからはじまり、今はジャズオルガン弾きです。
ガイダンス・模擬授業・高校の軽音楽部のイベント等で会って仲良くなった高校生、顧問の先生方から相談を受けることもしばしば。
“優しいパパ”と呼ばれています。これからも皆さんの高校に訪問させて頂くかもしれませんので、その時にはよろしく。

IMG_0116.JPG2014年までプロミュージシャン学科に在籍、今はジャズ・ポピュラー学科で、演奏活動の大半はジャズが中心なのですが、昔はごらんのとおり“ロック魂”に燃えていた時期もあったわけです。
バンド名は“テディボーイズ”。どうです?かっこいいでしょう?
優しいパパの在りし日の雄姿です。

takano08.jpg
ペリーについて
実は、私は知る人ぞ知る“ペリー研究家”なんです。というより“ペリーマニア”かもしれません。
とにかく、ペリーに関するものなら何でも集めています。
ペリーと関わりのある土地には、砲台や資料館のある博物館などどこへでも出向いています。
なぜかと言うと、ペリーは「日本に初めて洋楽を持ってきた人」だから。
お会いできたときは、このお話も詳しくさせてくださいね。(あっ!SHOBIのこともお話しましょう!)

ハモンドオルガンについて
最近は知らないという人も多いのですが、ハモンドオルガンを作ったのは、なんとローレンス・ハモンドという時計屋さんです。
実は電子キーボードの元祖なんです。昔はロックではディープ・パープルのジョン・ロード(「LIVEIN JAPAN」を聴いて)やEL&Pのキース・エマーソン(「Tarkus(タルカス)」を聴いて!)のプレイにしびれてました。
そしてこの二人のリスペクトしていたジミー・スミスに出会いノックアウトされジャズの世界に入りました。
ジミー・スミスの奏法は左手でベースラインを弾き(足でも弾きますが)、右手でバッキング、メロディ、アドリブを弾きます。
サイドメンとしては、コードとメロディが弾けるギターとドラムスのトリオ編成がオルガンジャズの定番編成です。 私の加わっているグループ「THE OGD」もこの編成です。(気が付いた人はいるかな?この3つの楽器の頭文字がグループ名になっています)

05takano.jpg07takano.jpg



01takano.jpgプロフィール
高野正一
ジャズ・ポピュラー学科長

1955 年、東京生まれ。高校時代はベースでロック、大学ではハモンド・オルガンでジャズを演奏。
J-POPのアレンジも手掛け、CDのライナーノーツ、教則本など音楽関連の執筆多数。
学生時代に結成したロックンロール・バンド「テディボーイズ」ではベーシストとして活躍。
現在は、ジャズ・バンド「THE OGD」を結成して、ジャズをコアにして多方面でマルチな才能を発揮中。
座右の銘は「IQより愛嬌」

<2017年9月公開>

高校生のみんな、音楽の話をしよう。

こんにちは、ミュージックビジネス学科の磯田です。

学校ではミュージックビジネス学科の専任講師として、実際に学生たちだけでライブ制作をする「コンサートプロデュース」という授業を担当しています。
さて、みんなはどんなアーティストが好きですか?
アイドル?バンド?
ライブハウスやイベント、コンサートには行きますか?
私は、ライブはもちろん、演劇や映画、お笑いライブ、落語も好きで頻繁に行きます。
皆さんは何が好きですか?

私は、もともと小さなライブハウスで働いていたこともあり、売れているアーティストはもちろん大好きですが(だれよりもミーハーなので(笑))これからのスターを目指し、熱い想いで演奏しているアーティストが大好きです。
ライブハウスで働いていた経緯もあってか、様々な音楽イベントに遊びに行きます。
もし、見かけたら声掛けてくださいね!

isoda01.jpg
あっ!そもそも、私は人がたくさんいるような所に行くのは、あまり好きではありませんでした。
夏は冷房のきいた部屋に籠ってDVDを観たり、ゲームをしているような高校生で、行ったこともないのに「音楽イベントなんて、暑いし、人多いし、トイレに長時間並ぶから嫌だ!」って思っていました。
そんな私も、高校を卒業した19歳の時に無理やり連れて行かれたライブハウスで、初めて"音に揺れ""音を浴びる"という体験をした時から、(揺れる、浴びるという表現が正しいかは解りませんが、そんな表現しかできない感動体験がありました)それ以来LIVEの虜になっています。
ここで力説しても、行かないと解らない「百聞は一見に如かず」ですが......。

私なりに、音楽が好きなみなさんの参考になるような、イベントを紹介したいと思います。

●おススメのイベントやフェス(※既に2017年の開催は終了しているモノもあります)

Shimokitazawa SOUNDCRUISING(5月)
ライブハウスが密集している下北沢で行われる回遊イベントです。
イベントタイトル通り、お客さんが下北沢の街をクルージングし、街全体がひとつのイベント会場と化します。
既にザワザワしているアーティストから、これから人気が出てくる予感のするホットなアーティストが出演しています。昼チケットと夜チケットに分かれており、音楽パーティが朝まで続きます。
また、このイベントの為に期間限定でタワーレコード下北沢店がオープンします。

isoda02.jpgGREENROOM FESTIVAL(5月)
波の中の空洞スペース(チューブ)が、太陽からの光で、グリーンに輝いた状態の事をグリーンルームといい、サーフィン用語でもあります。この名前からも分かるようにサーフカルチャーやビーチカルチャーをバックボーンに持つ、音楽とアートのカルチャーフェスです。
横浜の赤レンガ倉庫を中心に一帯が会場になります。
サーフィンをやられている方や、子ども連れが多いので大人な雰囲気があります。

YATSUI FESTIVAL(6月)
芸人エレキコミックのやついいちろうが主催するイベント「YATSUI FESTIVAL!」。
渋谷のライブハウスを中心に、2日間開催される渋谷回遊型イベントです。
やつい氏と交友がある芸人さんからミュージシャン、文化人まで出演者の幅が広く、音楽だけでなく、トークショーやお笑いを観ることもできます。
当時、私はゲッターズ飯田さんに手相を見てもらいました。出演アーティストが集合するフィナーレも圧巻です。

isoda03.jpgFUJI ROCK FESTIVAL(7月)
新潟県の苗場スキー場で行います。新潟で開催しているのにFUJIと名がついていて不思議ですよね?是非調べてみてください。
このイベントは、名前だけは聞いたことがある人も多いと思います。
実は世界のフェス格付けで「FUJI ROCK FESTIVAL」は第3位に選出されています。1度行くとハマって、リピーターになってしまう方も多いようです。
もちろん高校生が簡単に行けるようなイベントではないのかもしれませんが、もし、私が高校生の頃にこのイベントを体験していたら、今とは違う人生を送っていたかもしれません。
この「ザ・フェス」感を1回は体感しておいても、損はないと思います。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL(8月)
通称ロッキン、茨城県ひたちなか市で行われているJ-POPの祭典だと私は思っています。
近年では4日間開催されて、観客動員数もとても多いです。
J-POP中心で、若い世代に支持されている人気のあるフェスのひとつだと思っています。
雑誌の「ROCKIN'ONJAPAN」や年末の「カウントダウン・ジャパン(通称CDJ)」もROCKINON groupです。ロッキンもCDJにも尚美ミュージックカレッジの学生が遊びに行ってきました!という話をよく耳にします。

Sweet Love Shower(8月)
音楽番組専門チャンネルSPACE SHOWERが主催する、山梨県山中湖のほとりで開催される夏フェスです。
若くて勢いのあるバンドが多い中、過去には矢沢栄吉、山下達郎も出演しています。
湖の近くだからなのか、お客さんの一斉ジャンプに合せて大地がすごくゆれます。
大きなステージだけでなく、湖をバックにする小さなステージもあって凄く神秘的な感じがしました。

isoda05.jpg朝霧JAM(10月)
30歳を過ぎてから、参加しているフェスの1つです。
冨士山の麓、朝霧高原が会場で音楽とキャンプを、仲間と楽しむフェスです。
会場にテントが張れたりするので、寝そべりながら音楽を楽しむこともできます。
家から出ない引き籠りだった私が、このイベントでは、テントを張って、寝袋で寝ています。高校生時には考えられません。

今回ピックアップした以外にもたくさんのイベントが1年を通して、様々な場所で行われています。
自分のお気に入りのアーティストを見つけるのと同じように、自分のお気に入りのイベントを見つけるのも楽しいと思います。
もし、友達に籠りがちな子がいたら、引っ張り出して、誘ってあげてください。
そして、私と音楽の話をしましょう。



MB_磯田昌宏.JPG プロフィール
磯田昌宏

ミュージックビジネス学科専任講師

元・小学校教師。音楽が好きで業界入りを決意。(株)シブヤテレビジョンで、プロモーションビデオ制作、番組ディレクター、イベント制作、広告営業などの仕事をこなした後に、同社の音楽事業部が運営するライブハウスまわりのブッキングを中心に、様々なイベントの企画運営に奮闘、アンダーグラウンドなバンドからアイドルまで多岐にわたるマニアックな独自のカラーを打ち出し、コアなリスナーたちの信頼を得ていた。

<2017年6月公開>

【  】

入学相談課
0120-039-881
入学・進路に関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。 お問合せ先一覧はこちら
学校説明・体験入学 SHOBI オープンカレッジ 授業見学・学校見学 入学願書・学生募集要項と入学案内書を無料でお送りします。資料請求はこちら
あなたのまちの「なんでも進路相談会」
学校へ行く!SHOBIマップ
尚美創立90周年記念

Copyright(C)2009-2017 SHOBI College of Music All Rights Reserved.