2005.01.08

音楽総合アカデミー学科

【音楽総合アカデミー学科3年次編入学】管弦打楽器コース ユーフォニアム専攻 中村 駿さんの場合

110928_nakamurasuguru.jpg
●仕事を続けるか好きな道に進むか・・・。
高等専門学校から吹奏楽をはじめ、卒業後も仕事をしながら4つの吹奏楽団に所属し活動をしていました。 楽団で活動をするにつれ、吹奏楽が以前よりもどんどん好きになりました。 とりあえず「石の上にも3年」と自分に言い聞かせ仕事を3年続けた時点で仕事を続けるか自分の好きな道に進むかを考えました。 仕事自体はもともと好きだった電子工学系の仕事だった為、とても悩みましたが、それよりも音楽への思いが大きかった為、音楽の道に進む決意をしました。

●大学への進学は考えてなかった
学校に行くのなら2年制の学校と考えていました。もともとSHOBIのことは知っていましたが、学校を探し始めたときに丁度SHOBIの「進路相談会」が長野県であったので参加して、そこでSHOBIへの進学を決意。最初は2年制の管弦打楽器学科への入学を考えてましたが、進路相談会で3年次編入のことを知りより音楽をじっくり学べる音楽総合アカデミー学科への編入学を決めました。SHOBIが吹奏楽に大きく力を入れている事や講師に各方面で多彩な活動をされている方が多いというのも大きな決め手ですね。

●教える側に立ちたい!
まだ具体的ではありませんが、吹奏楽指導者として将来は活動していきたいです。 中学生・高校生の指導や、一般の吹奏楽団でも指導できるような知識・技術を身に付けていこうと思います。


プロフィール
中村 駿
音楽総合アカデミー学科 管弦打楽器コース ユーフォニアム専攻

2007年3月 国立長野工業高等専門学校 卒業
2007年4月 電子工学系会社 入社
2011年3月 電子工学系会社 退職
2011年4月 SHOBI 音楽総合アカデミー学科 3年次編入学(2011年9月のインタビューです)
  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop