スマートフォン版TOPへ

音楽総合アカデミー学科

専攻力を仕事力へ。業界第一線の指導陣のもと、
プロ必須の技術と経験を実践スタイルで学び、獲得する充実の4年間。

音楽の専門性や知識をより深く広く身につけて確実に仕事に結びつけるという視点から、本学科では4年間という時間の中でプロに求められる知識・技術・ノウハウを確実に身につけて学んでいきます。
高度な知識や十分な経験を持つことで、プロの世界でも通用する実力を持った次世代の音楽業界を担う人を育てます。

  • 学科の特色
  • カリキュラム&授業紹介/TOPICS

[総合アカデミー学科の特徴]

6つのコース・専攻別ゼミ

4年間のコース楽器別の専攻実技を通し、将来の軸となるぶれのない専門力を着実にアップ。1・2年生では個々の音楽の特性と表現力を伸ばし、2・3年生では2つ目の個人実技(専攻実技B)で活動の深みを増し、3・4年生では対現場で必要な職能と対応力をさまざまなジャンルとスタイルで実践経験を通して獲得します。

3年次編入制度あり

大学・社会人の方、または短大・専門学校を卒業した20歳以上の方は3年次編入も可能です。
※要編入学試験受験

編入学出願資格

●大学または短期大学を卒業、もしくは2018年3月卒業見込みの方。
●大学に2年以上在学し、大学2年次までの課程を修了した方。または、2018年3月に課程修了見込みの方。
●卒業時に専門士の称号が付与される専門学校を卒業、もしくは2018年3月卒業見込みの方。
●上記と同等の実力を有する社会人の方(2016年3月以前に高等学校等を卒業された方、大学入学資格検定または高等学校卒業程度認定試験に合格された方)。

「高度専門士」称号を付与(大学院に進学も可)

卒業時には4年制専門学校の修了者に与えられる「高度専門士」の称号が付与される音楽専門課程では日本で唯一の学科です。「高度専門士」は4年をかけて身につけた高度な専門技術に対する公的な評価であり、大学院への入学資格となります。卒業後の進路として研究・教育分野や留学への道も広がります。

「大学併修制度」による【小学校教諭一種・幼稚園教諭一種】の教員免許取得が可能

音楽総合アカデミー学科では、東京未来大学こども心理学部こども心理学科通信教育課程との併修提携により教員免許の取得が可能になりました。また、認定心理士、レクリエーション・インストラクター、社会福祉主事任用資格などの資格も目指すことができます。音楽の専門家として音楽を活かす仕事の可能性を広げることができるユニークな制度です。

bnr_transfer_a.gif
学科からのメッセージ

みなさんの夢をしっかりと支えます。

音楽総合アカデミー学科 学科長 山本 正壽

<山本 正壽>...東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。専門はFINE ART(造形型現代音楽)。作曲家グループ「蒼」にて定期的に実験的な作品を発表。合唱作品の編曲や音楽誌での音楽講座の定期執筆も担当。学科長の他、学生部部長も兼務。

専門能力を高めることは学校でなくても可能かもしれません。もちろん音楽学校としてのノウハウはそれぞれにステップアップを実感しながら高めていくことができます。しかしピカイチの力はそれだけでは卒業後に輝きません。学校での学びはその力を「しごと」に結びつけるために行われています。演奏や作曲で「しごと」をするための、確実な知識・技術・ノウハウと、「しごと」としてチャレンジすることができると数多くの経験を、音楽総合アカデミー学科では学びとしています。そして、勉強や活動で培った友人・先生・オーディエンスとの強い絆など、音楽で生きるプロフェッショナルを育成するための多くの学びの時間の中で出会った事柄が、みなさんの夢をしっかりと支えます!

  • ヴォーカルコース
  • ピアノコース
  • 電子オルガンコース
  • 管弦打楽器コース
  • ジャズ・ポピュラーコース
  • アレンジ・作曲コース

ヴォーカルコース

(ヴォーカル専攻)

一人ひとりの答えに向かって自分の「歌」をとことん追求できる環境がヴォーカルコースにあります。それぞれの広く、そして深い「音楽」との関わり方を4年間の体験をもとに最大限に伸ばす手伝いを行います。アーティストとして、トレーナーとして、ディレクターとして、アレンジャーとして、作詞家として、メロディーライターとして、自分の才能を多くの授業や機会を通して発見することができます。4年間の経験と自信がヴォーカリストとしての可能性を大きく広げます。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽理論I・II
  • 作編曲演習I・II
  • DTM演習基礎I・II
  • アンサンブル技法(ヴォーカルアンサンブル)I・II
  • ヴォイストレーニング初級I・II
  • ダンス&パフォーマンス基礎I・II
  • リリックライティングI・II

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技AII
  • 専攻実技BI
  • アンサンブル実技I・II
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • PV制作
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 音楽理論III・IV
  • 作編曲演習III・IV
  • DTM演習応用(譜面浄書)I・II
  • アンサンブル技法(ヴォーカルアンサンブル)III・IV
  • 専攻ソルフェージュI・II
  • ヴォイストレーニング中級I・II
  • ダンス&パフォーマンス演習I・II

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法 I・II
  • 作編曲試演実習 I・II
  • 専攻ソルフェージュIII・IV
  • ヴォイストレーニング研究I・II(指導者研究基礎)

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業演奏

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法 III・IV
  • 作編曲試演実習 III・IV
  • ヴォイストレーニング研究 III・IV(指導者実践)

【必修科目 専門科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択必修 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / 日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II
イベント企画概論I・II / コミュニケーション演習I・II

【選択必修 専門科目(1部科目 1・2年生より履修)】

ヴォーカルアンサンブルゼミ(ディレクション・REC)I・II
パフォーマンス(ステージパフォーマンス)I・II
ヴォーカルジャンル研究I・II
ヴォーカルプレイヤーゼミ(ディクション)I・II
ヴォーカルプレイヤーゼミ(伴奏法)I・II
レパートリー(ジャズ)I・II・III・IV / レパートリー(R&B)I・II・III・IV
レパートリー(ポップス)I・II・III・IV / レパートリー(ロック)I・II
レパートリー(ミュージカル)I・II / レパートリー(舞台音楽)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

<TOPICS & 学生の声>

実践力を高める多彩なライブ・イベント

画像

ヴォーカルコースでは、学生一人ひとりが身につけた技術と知識と感性をさらに磨いていくために、学外で演奏するチャンスを積極的にサポートしています。自主的な学内外のライブのサポートはもちろん、キャリアセンターからのオーディションなどの情報提供や学校への依頼演奏など演奏機会も多くあります。また学内で行われるアーティスト発掘オーディションなど多くの経験とチャンスの場を準備しています。

レコーディング・ディレクションテクニック

画像

ヴォーカリストとして必要な身体づくりから、作詞、作曲、編曲の学び、仕事に携わるための知識としての舞台や演奏家の権利、技能としてのヴォイストレーニングや伴奏つけ、ハーモニーまで、歌を仕事に結ぶためのすべてを4年間のカリキュラムでじっくりと伸ばしていきます。もちろんレコーディングでのオリジナルの音源作成は必須です。スタジオワークからオリジナルのデモ音源づくりまで学び、活動をサポートしています。

サポートは実力の証明

画像

ソロの歌唱をはじめ、バンドアンサンブルからビッグバンドアンサンブルでのスタイルと、ポップス、ジャズ、R&B、ロック、J-POP、ラテン、ミュージカルなど、多くのジャンルを学ぶプロ環境の実践型授業を行います。学科を越えサポートの依頼が来るなど、学びの成果を実力として実感できます。アレンジ・作曲学科レーベル「D-MAC RECORDS」への参加、ピアノ学科イベント「Sound Groove」や電子オルガンコースイベントへの出演他、多数。

Student's Voice
追求していくことで、自分の可能性を見つけられました。

画像

音楽総合アカデミー学科 ヴォーカルコース 4年
東京都立板橋有徳高等学校 卒業
柳田 菫月
私は負けず嫌いな性格なので、歌を上手にできない悔しさからずっとこだわり続けて学んでいました。しかし、気がついたらその魅力に惹かれていて、この道しかないと思うようになり、いまも学んでいます。音楽総合アカデミー学科には、3年次に編入しました。この学科では、より専門的に音楽を学ぶことができ、幅広いジャンルに触れ、新しい自分を見つけることができます。卒業後は歌の活動を増やして、SHOBIで学んだことをいろんな場所で試したいです。みなさんも、下手だからとあきらめずに好きなことに挑戦してみてください。

ピアノコース

(ピアノ専攻・ポピュラーピアノ専攻)

ピアノを通して"音楽の普遍性と独創性"を追求するため演奏力のクオリティを高め、さらに応用力をつけ企画・制作能力を身につけます。音楽を仕事にするために必要なことは、「自信」です。セメスターでの実技試験の積み重ねを通した確固たる演奏レパートリーの獲得、コンサートホールでの試験や公開講座での実践、それらの音楽経験を確実に仕事への「自信」につなげるカリキュラムと教育システムで、学生を演奏家へと導きます。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽理論I・II
  • 作編曲演習I・II
  • DTM演習基礎I・II
  • アンサンブル技法(ヴォーカルアンサンブル)I・II
  • ヴォイストレーニング初級I・II
  • ダンス&パフォーマンス基礎I・II
  • リリックライティングI・II

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A II
  • 専攻実技BI
  • アンサンブル実技I・II
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • PV制作
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 音楽理論III・IV
  • 作編曲演習III・IV
  • DTM演習応用(譜面浄書)I・II
  • アンサンブル技法III・IV
  • 専攻ソルフェージュI・II
  • ピアノハーモニー(クラシック楽式・分析)III
  • ピアノハーモニー(クラシック楽典・分析基礎)IV
  • 外部グレード講座(演奏)III・IV
  • 外部グレード講座(指導)III・IV

【選択必修 専門科目】

クラシック演奏法研究I・II・III・IV / ジャズ・ポピュラーピアノ研究I・II・III・IV

 

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II
  • プレゼンテーションIII

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法I・II
  • 作編曲試演実習I・II
  • 作品分析I・II

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業演奏

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法III・IV
  • 作編曲試演実習III・IV
  • 作品分析III・IV(指導者実践)

【必修科目 専門科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択必修 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / コミュニケーション演習I・II / イベント企画概論I・II
日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II

【選択必修 専門科目】

専攻ソルフェージュIIIa・IVa・Va・VIa
専攻ソルフェージュIIIb・IVb・Vb・VIb
ポピュラー・レパートリー研究I・II・III・IV
クラシック・レパートリー研究I・II・III・IV / ピアノ指導法I・II・III・IV
室内楽演習I・II(伴奏法応用) / 室内楽演習III・IV
パイプオルガンゼミI・II・III・IV / バロック音楽ゼミI・II・III・IV
現代音楽演奏ゼミI・II・III・IV

<TOPICS & 学生の声>

充実した教育システム

画像

ピアノコース学生による「コンチェルトの夕べ」は、毎年SHOBIシンフォニーオーケストラの演奏により尚美バリオホールで行われる、演奏家としての演奏経験とマインドを育成する充実のステージです。「横山幸雄ピアノ演奏法講座」は技術や楽曲の解釈から表現方法と音楽への取り組み方まで学ぶ人気の公開講座です。インターネットテレビ局「SHOBI NET-TV」では、優秀学生の演奏の収録・配信をするなど充実の教育システムで学生をバックアップします。

音楽活動をサポートする強力な教育カリキュラム

画像

音楽活動に求められることはさまざまなジャンル、スタイルに及びます。ピアノコースではピアノを中心に室内楽のスタイルの演習はもちろん、時代様式に焦点をあてた現代音楽やバロック音楽のアンサンブル、ジャンルに焦点をあてたラテン、ジャズ、ポップス、フュージョン、R&Bなどのアンサンブルなど、ステージに応じたレパートリーを獲得できる教育カリキュラムで卒業時の音楽活動をバックアップ。SHOBIならではのコラボレーション教育が特長です。

さまざまな体験を通じて成長できる海外研修旅行

画像

ピアノコースではヨーロッパでの海外音楽研修ツアーを2010・2012・2015年に開催。自由参加の研修ツアーですが、ロン・ティボー国際コンクールなどの国際的なコンクールを聴いたり、世界遺産を訪れたり、ウィーンやパリ、ワルシャワなどの音楽都市で、多くの文化や芸術に触れる機会を得ました。2014年は総合芸術の頂点ともいえるオペラ鑑賞を軸に(ローマオペラ座など)イタリアの3都市を巡りました。2015年はショパンコンクール3次予選を聴き表現の世界のトップレベルを知り、専門性はもとより、自身の器や視野を広げ感性を磨くことを目的にツアーを実施しました。

Student's Voice
より深く、より幅広く学んでいくことが、音楽の醍醐味です。

画像

音楽総合アカデミー学科 ピアノコース 3年
青森県立八戸市立商業高等学校 卒業
坂本 百合香
私は2年制のピアノ学科から編入をしました。SHOBIで音楽を深く学んでいくうちに、もっと勉強してうまくなりたいと思ったことがきっかけです。音楽総合アカデミー学科に入ってからは授業が選択になり、内容も専門的になります。また、アンサンブルもいろいろなジャンルがあって楽しいです。決して楽なことはなく大変ですが、その分やりがいを感じることができるのが醍醐味だと思います。SHOBIでの経験を生かし、将来は、地元の音楽教室でピアノの先生をしながら、伴奏のお仕事やボランティア演奏などをしていきたいです。

電子オルガンコース

(電子オルガン専攻)

演奏の幅を広げるオールジャンル・スタイルへの取り組みは、実際の仕事のさまざまなシチュエーションで役立つ経験となります。グレードの取得はもちろん、演奏においては専攻実技だけではなく学内のイベントから着実に演奏経験を積み、スタジオやコンサートホールでの自主企画ライブまで、プロデュース(企画)、ディレクション(制作)、マネージメントなど、演奏に関わるすべてを体験し、電子オルガンを生かす仕事を目指します。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽理論I・II
  • 作編曲演習I・II
  • DTM演習基礎I・II
  • アンサンブル技法I・II
  • EO楽器演習(レジストリー研究)I・II
  • ポピュラージャンル研究I・II
  • EOプレイヤーゼミ(ベーシック)I・II
  • 外部グレード講座(演奏)I・II
  • 外部グレード講座(指導)I・II

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技AII
  • 専攻実技BI
  • アンサンブル実技I・II
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • PV制作
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 音楽理論III・IV
  • 作編曲演習III・IV
  • DTM演習応用(譜面浄書)I・II
  • アンサンブル技法III・IV
  • 専攻ソルフェージュI・II
  • EOレパートリー研究(サウンドメイク)I・II
  • EOプレイヤーゼミ(アドバンスド)III・IV
  • 作品分析基礎I・II
  • 外部グレード講座(演奏)III・IV
  • 外部グレード講座(指導)III・IV

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法I・II
  • 作編曲試演実習I・II
  • EOコンサート・ディレクションI・II
  • 作品分析I・II

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業演奏

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法III・IV
  • 作編曲試演実習III・IV
  • EOコンサート・ディレクションIII・IV
  • 作品分析III・IV

【必修科目 専門科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択必修 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / PV制作I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / コミュニケーション演習I・II / イベント企画概論I・II
日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II

【選択必修 専門科目】

専攻ソルフェージュIIIa・IVa・Va・VIa
専攻ソルフェージュIIIb・IVb・Vb・VIb
電子オルガン教育法I・II・III・IV / パイプオルガンゼミI・II・III・IV
バロック音楽ゼミI・II・III・IV / 現代音楽演奏ゼミI・II・III・IV

<TOPICS & 学生の声>

オーディションやグレード取得をバックアップ

画像

演奏分野での実績指導としてコンクールやオーディションを積極的にサポート。ヤマハエレクトーンコンクールのセミファイナル出場の伊藤拓人さん(愛媛県立川之石高等学校出身)、全日本電子楽器教育研究会主催「第2回学生のための電子オルガンによる作品コンテスト」編曲部門優秀賞とNetオーディエンス賞を受賞した菊池かれんさん(栃木県立足利女子高等学校出身)をはじめ、多くの在学生がコンクールに挑戦し、結果を残しています。指導分野としてグレードの取得は対策講座などのカリキュラムでしっかりと対応。実技レッスンでは個人の力を高め、技術と表現力を磨き、プレイヤーとしてのマインドをしっかり育成します。

コース主催のライブとコンサートで経験と評価を実感

画像

ライブスタジオ「スタジオブーカ」、コンサートホール「尚美バリオホール」での企画イベントを毎年開催。毎回個性的なストーリー、映像と電子オルガンから奏でられる迫力の演奏で会場を魅了する大人気のライブ。管弦打楽器やピアノコースの学生との「コンチェルトの夕べ」でのコラボレーション、ミュージカル学科公演での電子オルガン演奏の機会など、仲間がいなければできないイベントから生まれる演奏・企画・制作の経験は、まさしく将来の仕事の縮図です。

専門家だからできる仕事にめぐりあえます

画像

デモンストレーターやキーボード奏者、楽器店や自宅での音楽講師や楽器店音楽教室の企画運営スタッフ、結婚式場などのセレモニープレイヤーや音楽イベント運営スタッフ、音楽教材の開発、稽古伴奏としてのコレペティトゥア、ミュージカルや劇伴の作曲・編曲・演奏家など、幼児教育に興味のある人には「小学校教諭一種免許」、「幼稚園教諭一種免許」取得のための大学併修制度もあります。電子オルガンを学び広がる仕事の可能性に期待してください。

Student's Voice
確かな実力を身につけたい人には、とても充実した環境です。

画像

音楽総合アカデミー学科 電子オルガンコース 1年
茨城県・私立鹿島学園高等学校 卒業
村上 真優
私は、幼い頃から音楽教室の先生に憧れています。ですので、4年間でしっかりと実力を身につけたいと思い、音楽総合アカデミー学科を希望しました。SHOBIはクラス担任との面談などを通じて、私たちが安心して学校生活を送れる環境作りをしてくれるので、とても学びやすい場所だと思います。卒業後は、ヤマハのシステム講師として活躍できるように、さまざまな資格取得に向けて頑張っています。学内でも資格試験が受けられ、ビジネス著作権の初級に合格することができました。今後は、国家資格にも挑戦していく予定です。

管弦打楽器コース

(フルート/オーボエ/クラリネット/バスクラリネット/ファゴット/サクソフォーン/トランペット/ホルン/トロンボーン/ユーフォニアム/テューバ/ヴァイオリン/ヴィオラ/チェロ/コントラバス/ハープ/打楽器 各専攻)

ソロ、室内楽、吹奏楽、オーケストラ、ビッグバンド、ポップスアンサンブルなど、SHOBIでの演奏体験により、1年次から楽器演奏技術のステップアップとともに着実に実力を積み重ねていくことができます。多くの演奏体験の「場」と将来を見据えたさまざまなジャンルやスタイルの獲得、いままで多くの優れた人材を輩出してきた伝統の教育カリキュラムと日本を代表する演奏家に支えられてきた実技レッスンで、確実に仕事に結びつけます。プロに必要なすべてを深く広く高めていく充実の4年間です。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽理論I・II
  • 作編曲演習I・II
  • DTM演習基礎I・II
  • ベーシックトレーニングI・II
  • アンサンブル技法(同族)I・II
  • 吹奏楽実習(吹奏楽・オケ)I・II
  • アナリーゼI(クラシック楽典)
  • アナリーゼII(クラシック楽典・分析基礎)

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技AII
  • 専攻実技BI
  • アンサンブル実技I・II
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • PV制作
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュI・II
  • 音楽理論III・IV
  • 作編曲演習III・IV
  • DTM演習応用(譜面浄書)I・II
  • ベーシックトレーニングIII・IV
  • アンサンブル技法(同族)III・IV
  • 吹奏楽実習(吹奏楽・オケ)III・IV
  • アナリーゼIII(クラシック理論・分析)
  • アナリーゼIV(クラシック理論・様式研究)

〈選択 専門科目〉

  • マーチング3級指導者検定

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

【2・3年次 必修 専門科目】

合奏指揮法(指揮法)I・II

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II
  • プレゼンテーション III

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュIII・IV(インプロヴィゼーション)
  • 作編曲技法I・II
  • 作編曲試演実習I・II
  • 室内楽演習(室内楽・オケスタ)I・II
  • 吹奏楽実習(吹奏楽・オケ)V・VI
  • 合奏指導法(学指揮)I・II

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業演奏

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法III・IV
  • 作編曲試演実習III・IV
  • 室内楽演習(室内楽・オケスタ) III・IV
  • 吹奏楽実習(吹奏楽・オケ)VII・VIII
  • 楽器指導法(楽器学演習)I・II
  • 合奏指導法(学指揮)III・IV

【必修科目 専門科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択必修 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / PV制作I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / コミュニケーション演習I・II / イベント企画概論I・II
日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II

<TOPICS & 学生の声>

実践授業で演奏家としてのアイデンティティを育成

授業演奏の他、音楽業界や自治体からの依頼演奏など年間を通しさまざまなコンサートやイベント、レコーディングの機会を学内外で設け、演奏家として実践経験を積む場所を準備し、演奏家としてのアイデンティティを育成します。

■過去催事紹介

2015年
【2月2日開催】尚美創立90周年記念オープニングコンサート SHOBIシンフォニーオーケストラ 
【3月21日開催】シエナ・ウインド・オーケストラ&尚美ウインドオーケストラ コラボレーションコンサート2015~フィリップ・スパーク氏を招いて~
【5月17日開催】第46回 日本吹奏楽指導者クリニック 2015 JAPAN BAND CLINIC モデルバンド
【6月10日開催】コンチェルトの夕べ2015 SHOBIシンフォニーオーケストラ VARIOホール
【6月26日・27日・28日開催】尚美ウインドオーケストラ 特別演奏会 in 北海道
【9月1日】第34回 吹奏楽指導実習研究発表会 バリオホール
【9月25日】尚美創立90周年記念コンサート サントリーホール
【12月16日開催】「文の京」の第九 SHOBIシンフォニーオーケストラ 文京シビックホール大ホール

2016年
【2月6日】尚美ウインドオーケストラ第40回定期演奏会 紀尾井ホール

コンクール・オーディション実績

画像

総合的な音楽力を高め実技能力を最大限に引き出せるようしっかりと学ぶカリキュラム。そして経歴として実績を獲得するために実技担当者と担任がコンクールやオーディションのサポートを行っています。

■過去実績

2017年度小澤征爾音楽塾オーケストラ 合格 高木 春佳(Tp.)
第32回「日本管打楽器コンクール」入選 神山 剛央(Euph.)
2016年度小澤征爾音楽塾オーケストラ 合格 村川 亮(Tp.)/山野井 大輝(Tp.)
第29回「日本管打楽器コンクール」第3位 武藤 卓(Euph.)/入選 高橋 美奈子(Euph.)/第3位 小川 敦(Hr.)
第22回「日本クラシック音楽コンクール・全国大会」入選 永野 知子(Sax.)
第19回「仙台フルートコンクール」入選 島田 沙織(Fl.)
第17回「KOBE国際コンクール」 奨励賞 加藤 大輝(Mari.) 他
「マーチングバンド指導者検定」 準公認指導員 三上 悠
「サイトウ・キネン・フェスティバル 小澤征爾音楽塾オーケストラ・オーディション」合格 由井 遣(Tp.)
第24回「日本クラシックコンクール全国大会」 入選 古角 圭(Fl.)/吉原 柚(Sax.)

卓越した技術と音楽人としてのマインドを伝授する講師陣

実技指導講師はプロオーケストラや吹奏楽団に所属する日本を代表する第一線のプレイヤーやアーティストです。マンツーマンの指導で技術はもちろん演奏解釈から表現力まで個人の演奏に魅力を与えます。

■客員教授

大井 剛史(指揮)/石田 修一(吹奏楽指揮・指導)/ティモシー・モリソン(トランペット)
小澤 俊朗(吹奏楽指揮・指導)/佐藤 正人(吹奏楽指揮・指導)

■特別講師

ジャック・モージェ(トロンボーン)/ 外囿祥一郎(ユーフォニアム)
天野 正道(作曲・吹奏楽)/ 鈴木 英史(作曲・吹奏楽)

■楽器実技

□フルート:野崎 和宏/宮崎 由美香/渡辺 泰
□オーボエ:市原 満
□ファゴット:太田 茂/多田 逸左久
□クラリネット:板倉 康明/円田 剛明/中村 めぐみ/芳賀 史徳
□サクソフォーン:有村 純親/オリタ ノボッタ/中村 均一/波多江 史朗/原 博巳
□ホルン:澤 敦/下田 太郎/並木 博美
□トランペット:池田 英三子/本間 千也/班目 加奈/宮澤 聰宏/山本 英司
□トロンボーン:奥村 晃/新立 憲一/山口 隼士
□ユーフォニアム:齋藤 充/山岡 潤/ 大山 智
□テューバ:国木 伸光
□パーカッション:小川 佳津子/ 荻原 松美/川瀬 達也/ 日比 一宏/増田 博之/渡辺 由美子
□ヴァイオリン:舘市 正克
□ヴァイオリン・ヴィオラ:小谷 泉
□チェロ:福島 有希子
□コントラバス:小室 昌広

Student's Voice
さまざまの人との関わり合いで、実力が磨かれます。

画像

音楽総合アカデミー学科 管弦打楽器コース トランペット専攻 2年
富山県立高岡商業高等学校 卒業
村上 真優
音楽とじっくり向き合って勉強するためには4年間必要だと思ったので、音楽総合アカデミー学科を選びました。また、他のコースの人と一緒に高め合いながら勉強できることも入学を決めた理由の一つです。実際に毎日の練習以外にも、自分たちでアンサンブルを組んで演奏しています。2年次には、クラス全体でつくる学科ライブがあるので、より実践的な内容を学ぶことができます。将来は、音楽の楽しさや感動を私の音で伝えるのが目標です。そのために、コンクールやオーディションを積極的に受けて、実力をつけていきたいです。

ジャズ・ポピュラーコース

(ギター/ベース/ドラム/キーボード/サクソフォーン/トランペット/トロンボーン 各専攻)

多くのステージやオーディションを通して職業演奏家としての自信と実力を築き上げていきます。音楽を職業にするための要素は、テクニック、オリジナリティ、企画力、表現力、協調性。そのすべてを実技レッスンやアンサンブルレッスン、レコーディング、ライブなどで獲得していきます。1年次からじっくり学ぶスタイルは着実に技術力を高めることができます。現場で求められるミュージシャン養成コースです。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽理論I・II
  • 作編曲演習I・II
  • DTM演習基礎I・II
  • ベーシックトレーニングI・II
  • セッションI・II
  • ジャズ・ポップスアンサンブルI・II

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技AII
  • 専攻実技BI
  • アンサンブル実技I・II
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • PV制作
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュI・II
  • 音楽理論III・IV
  • 作編曲演習III・IV
  • DTM演習応用(譜面浄書)I・II
  • ベーシックトレーニングIII・IV
  • ジャズ・ポップスアンサンブル III・IV
  • セッションIII・IV

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II
  • プレゼンテーションIII

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュIII・IV
  • 作編曲技法I・II
  • 作編曲試演実習I・II
  • アドバンスドテクニックI・II
  • レコーディングI・II
  • ジャズ・ポップスアンサンブルV・VI

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業演奏

〈必修 専門科目〉

  • 作編曲技法III・IV
  • 作編曲試演実習III・IV
  • アドバンスドテクニックIII・IV
  • レコーディングIII・IV
  • ジャズ・ポップスアンサンブルV・VI

【必修 専攻科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択必修 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / PV制作I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / コミュニケーション演習I・II / イベント企画概論I・II
日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II

<TOPICS & 学生の声>

技術と知識と感性を磨いて実践のステージへ

画像

一人ひとりが身につけた技術と知識と感性をさらに磨くために、学内外で演奏するチャンスを準備しています。大学ビッグバンド・ジャズフェスティバルin川越、すみだストリートジャズフェスティバルなどのLIVEやコンサートへの出演、そうる透ドラム・マスタークラス特別講座などへの参加、ピアノや電子オルガン、ポップスコンテンポラリー学科のイベントへのミュージシャンとしての出演など、多岐にわたる実践の場を提供しています。

第一線のミュージシャンによる実技指導

人に届く音楽を本気で学びたいと考えている学生をサポートする講師はさまざまなミュージックシーンで活躍する第一線のミュージシャン。マンツーマンで毎週行われる充実の専攻実技レッスンを通して、講師が一人ひとりの個性を引き出し、プレイをしっかり輝かせます。これからの音楽シーンで活躍するミュージシャンの技術とマインドを育成するSHOBI自慢の講師陣です。

ジャズ・ポピュラーコース楽器実技担当

■ギター
kubota / 吉岡 靖高 / 菅原 潤子 / 寺屋 ナオ
■ベース
三枝 俊治 / グレッグ・リー / 関谷 友貴
■ドラム
大井 澄東(専任講師) / 坂田 稔 / 山村 牧人 / 吉川 弾 / 増田 博之
■キーボード
秋谷 えりこ / 熱田 公紀 / 藤本 暁子 / 大古 晴菜 / 高野 正一(専任講師)
■サクソフォーン
オリタ ノボッタ / 宮崎 明生 / 宮崎 隆睦 / 佐々木 亜紀子
■トランペット
遠山 拓志 / 宮澤 聰宏
■トロンボーン
坂本 浩志(専任講師) / 東條 あづさ

ユニーク授業「ディレクションテクニック」

画像

レコーディングの現場実習やバンドでのサウンドづくりは「ディレクション テクニック」で実践形式で学びます。ただ演奏することを学ぶだけではなく、 仕事のシミュレーションを行い、現場で最高のプレイができるためのノウ ハウと経験を積んでいきます。スタジオで録音と編集の実習はもちろん、バ ンドでサウンドづくりの指示の出し方やセッションでの呼吸の取り方まで しっかりと学びます。音楽を仕事にするためのサポートは万全です。

Student's Voice
人と人とのつながりが、夢に向かう原動力になります。

画像

音楽総合アカデミー学科 ジャズ・ポピュラーコース トロンボーン専攻 3年
神奈川県・横浜市立横浜商業高等学校 卒業
金子 由季
音楽を仕事にしたいと思っていましたが、なかなか踏み込むことができず、他の仕事をしていました。ですが、やはり音楽への夢をあきらめられなかったので、一度自分を試そうと思い、SHOBIに入学しました。音楽総合アカデミー学科では自分の専攻だけではなく、もう一つ別の専攻実技を学べることや他のコースの人との交流を通じて、たくさんの人と関わることができます。もちろん、プロの先生方との交流もあるので、卒業後のイメージを具体的にすることができると思います。あらゆるつながりを大事にして、夢を叶えていきたいです。

アレンジ・作曲コース

(アレンジ・作曲専攻)

幅広いオーダーに応えるため、テクノロジーと芸術、デジタルとアコースティック、ポップスと現代音楽、クラシックと民族音楽といったさまざまなジャンルやスタイルを総合的に学び、SHOBI自慢の数多くの試演奏の機会とプロダクションゼミを通して職業作曲家を育成します。DTM、DAWの技術教育からオーケストラ編成の作曲まで、実習授業がある世界的にもユニークなコースです。

1年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A I
  • プレゼンテーションI

〈必修 共通科目〉

  • DTP制作
  • WEB制作
  • 音楽産業研究
  • 楽器業界研究

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • ソルフェージュI・II
  • 音楽基礎理論
  • 音楽理論AI(和声)
  • 音楽理論BI(対位法)
  • 基礎作曲技法I・II
  • 作編曲実習I・II
  • DTMソフト演習I・II
  • 楽器演習I・II

2年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技AII
  • 専攻実技BI
  • 総合表現制作基礎
  • プレゼンテーションII

〈必修 共通科目〉

  • 音楽著作権I・II
  • PV制作

〈選択必修 共通科目〉

  • 英会話 初級I・II
  • 英会話 中級I・II
  • 基礎音楽史I・II
  • ポピュラー音楽史I・II
  • 楽器音楽史I・II

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュI・II
  • 音楽理論AII・III(和声)
  • 音楽理論BII・III(対位法)
  • 楽式研究I・II
  • ミュージックシンセサイズI・II
  • コンテンツプロダクト基礎I・II
  • 作編曲実習III・IV
  • ポピュラー理論基礎I・II

〈選択 専攻科目〉

  • アンサンブル実技I・II

将来の選択肢を広げる「専攻実技B」

2・3年次にそれぞれ専攻しているレッスンとは別に「専攻実技B」として、もう一つ実技レッスンを受けることが可能です。将来の可能性を広げられるだけでなく、スペシャリストとしての一面に加えて、付加価値としてアピールできる能力を身につけることができます。

3年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A III
  • 専攻実技B II

〈必修 専門科目〉

  • 専攻ソルフェージュIII・IV
  • 音楽理論A IV・V(和声)
  • 音楽理論B IV・V(対位法)
  • 作曲技法I・II
  • クラシック作編曲実習I・II

4年次

〈必修 専攻科目〉

  • 専攻実技A IV
  • 卒業制作

〈必修 専門科目〉

  • 音楽理論A VI・VII(和声)
  • 音楽理論B VI・VII(対位法)
  • 作曲技法III・VI

【必修 専攻科目】

総合表現制作実習(4年)

【選択 専攻科目】

アンサンブル(ジャズ・フュージョン)I・II
アンサンブル(ラテン・ワールドミュージック)I・II
アンサンブル(ポップス)I・II / アンサンブル(ロック)I・II
アンサンブル(R&B)I・II / アンサンブル(現代音楽)I・II / アンサンブル(バロック)I・II
ディレクションテクニックA(アンサンブルディレクター)
ディレクションテクニックB(イベント演習)
ディレクションテクニックC(レコーディング演奏実習)

【選択必修 共通科目】

西洋音楽様式特論I・II / ポピュラー音楽様式研究I・II / ジャズ研究I・II
映画音楽研究 / 邦楽研究 / 民族音楽研究 / 音楽社会文化研究I・II
楽器・音響学研究(アコースティック) / 楽器・音響学研究(デジタル機器)
メディア概論I・II / PV制作I・II / プロフェッショナルMIDI演習 初級・上級
譜面浄書ソフト演習 基礎・上級 / DAWソフト&ハード演習 / RECエンジニア演習
VJ演習 / PA&イベント舞台制作演習 / 音楽著作権実務I・II
音楽ビジネスにおける法律論I・II / コミュニケーション演習I・II / イベント企画概論I・II
日本のA&R史I・II / 世界のA&R史I・II

【選択必修 専門科目】

ポピュラー音楽理論I・II / ポピュラー作編曲実習I・II / スタジオマニピュレート演習I・II / 音楽プログラム研究A・B
コンテンツプロダクトAI・AII・BI・BII・CI・CII / クラシック作編曲実習III・IV

<TOPICS & 学生の声>

吹奏楽、オーケストラ、ビッグバンド、全スタイルの試演奏を実施

画像

アレンジ・作曲コースでは、学生全員が授業で自作品の音出しを行います。1年次から各楽器のオーケストレーションを試演奏で確認しながら丁寧に学び、上級生は全員が吹奏楽やオーケストラ編成の大編成での音出しを行います。これはプロでも希少な音楽経験上の絶対的な経験値になります。DTMでの音楽シミュレーションは個人でも可能ですが、大編成の音出しは世界でもSHOBIの誇る独自カリキュラム。学生を第一線で活躍できる作編曲家へと養成します。

業界と直結、在学中から作品をリリース

画像

学科運営インディーズレーベル「D-MACRECORDS」は、歌モノ系「AVE」、クラブ・エレクトロニカ系「ZAVA」、インスト系「Re:monade」、アニメソング系「D-Rabbit」があり、全国の大手レコード・CDショップを中心に、学内オーディションで選抜された学生作品をCDとして販売。また、インターネットによる作曲をテーマにUstream番組「YouthComposer」もレギュラー放送中。学生活動をサポートします。作家事務所や制作会社に所属が決まるチャンスも。

コラボレーションで楽曲提供

画像

ヴォーカル学科や声優学科の学生は自分のステージや音楽活動でオリジナル曲を歌うことが目標です。しかし、なかなか曲はできず、ステージ用のアレンジも学生では難しい。そんなときに音楽専門学校ならではのコラボレーションがお互いを高め合います。自分の曲を歌ってくれる大切なアーティストや、自分のために作・編曲してくれるクリエイターとの出会いが、SHOBIのコラボレーション教育の特長です。

Student's Voice
自分の視野が大きく広がることを実感しました。

画像

音楽総合アカデミー学科 アレンジ・作曲コース 2年
東京都立文京高等学校 卒業
伊藤 大騎
私は高校生の頃、バリトンサックスに熱中していました。演奏していくうちに自分も曲を作ってみたいと思い、作曲の道を志すようになりました。充実した環境で作曲を学びたかったので、音楽総合アカデミー学科が4年制であることに魅力を感じ、入学することにしました。この学科では、基礎的な作曲技法から現代音楽のような複雑なものまで幅広く学べます。吹奏楽曲にしか興味がなかったのですが、SHOBIでいろんな音楽を学んだことで興味の幅を広げることができました。将来はオールマイティーな作曲家になることが目標です。

メッセージ

開催メニューを見る
入学相談課
0120-039-881
入学・進路に関するお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。 お問合せ先一覧はこちら
学校説明・体験入学 SHOBI オープンカレッジ 授業見学・学校見学 入学願書・学生募集要項と入学案内書を無料でお送りします。資料請求はこちら
あなたのまちの「なんでも進路相談会」
学校へ行く!SHOBIマップ
尚美創立90周年記念

Copyright(C)2009-2017 SHOBI College of Music All Rights Reserved.