2006.08.04

音楽総合アカデミー学科

【サマーオープンカレッジ・レポート】トップ・ミュージシャン、鷹野雅史さんがSHOBI バリオホールで二胡奏者シュウミンさんと共演

画像(180x135)

国内外で活躍するエレクトーンのトップ・アーティスト、"MAX TAKANO"こと、鷹野雅史さんが、サマーオープンカレッジ期間中の 2006年8月6日、母校の SHOBI バリオホールで、二胡奏者シュウミンさん ( 中国・西安省出身 ) と、素晴らしいステージを披露してくれました。
鷹野雅史さんは、SHOBI 電子オルガン学科の卒業生でもあります。

画像(200x150)

鷹野雅史さん

画像(200x150)

二胡奏者シュウミンさん


ゲネプロの様子

YAMAHA ステージアという最先端の楽器と、伝統ある古楽器・二胡という、一見異色とも思える2つの楽器は、驚くほど相性がよく、SHOBIバリオホールいっぱいに、幻想的な音空間が繰り広げられました。

どうです?聴いてみたくなったでしょう?
では、この記事をご覧になっていただいた方には特別に、ちょっとだけ、ゲネプロの様子をムービーでお見せしちゃいましょう!

* 記事内のムービーをご覧頂くには、Adobe Flash Player バージョン 9 が必要です。


※※※ 動画配信中 ※※※
サマーオープンカレッジの様子を、SHOBI NET-TV で、ただいまムービー配信中!
こちらからどうぞ! → SHOBI NET-TV
※※※※※※※※※※※※

【 鷹野雅史 プロフィール 】
SHOBI卒業後、ヤマハ本社専属エレクトーンデモンストレーターとなる。
国内外で活躍するトップ・アーティスト。海外では"MAX TAKANO"として活躍。 ( 海外 は欧米、東南アジア、オセアニアなど 31 カ国歴訪 )
幅の広いレパートリーと音楽性、エンターテイメントあふれるステージで、国籍・年齢・性別を問わず、多くの人たちを魅了している。
特に、独特のワンマンオーケストラサウンドは、その温かみとスケールの大きさにより、世界中で評価が高い。
演奏活動のかたわら、出版、後進育成のための教育などにも積極的にかかわる。
SHOBI特別講師として、レッスン・講座を担当している。

【 シュウミン プロフィール 】
西安音楽学院大学院を卒業。1999年来日。
15歳よりプロ奏者として活動。シルクロード西南域を歩き全国最年少の演奏家と報じられる。
1999年、西安音楽学院大学院卒。超難関の学位取得。
同校創立50周年記念行事で新作協奏曲"神土"を初演。
同年11月来日。2003年、テレビ朝日記念ドラマのテーマ曲演奏。同年、国立劇場特別企画『二胡』に主演、他。
中国の近現代の作品を中心に二胡本来の楽曲に注力し、時流に流されない本格派として確固たる地位を築いている。
現在、神津善行氏主宰の六華仙コンサートにゲスト出演を重ねる一方、様々な音楽とのコラボレーションにも積極的に取り組んでもいる。

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop