2011.03.05

声優学科

【イベントレポート】ストレートプレイを熱演!声優学科卒業公演3作品を同時レポート!

2011VA_MAIN01.jpg

2011年3月2日(水)から3月13日(日)の間、 声優学科の卒業公演「レディ・ゴー!」「親の顔が見たい」「僕の東京日記」の3舞台を新宿「TACCS1179」にて開催しました。
全9日間の計12公演はどれを取っても見ごたえのある舞台ばかり! それでは3舞台を一挙にレポートします!



20110302VA_1.jpg

俳優コース
「レディ・ゴー!」

2011年3月2日(水)・3月3日(木)・3月4日(金)の3日間で計4公演を行いました。 女暴走族と警察官の攻防戦、さらに力強い演技とパフォーマンス!男の中で生きている女達を見事に演じていました。 会場からは時折笑いがあふれ最後は拍手喝采で幕を閉じました。


20110302VA_2.jpg 20110302VA_3.jpg 20110302VA_4.jpg 20110302VA_5.jpg

20110306VA_1.jpg

アニメ声優・ヴォーカルコース
「親の顔が見たい」

2011年3月6日(日)・3月7日(月)・3月8日(火)の3日間で計4公演を行いました。 イジメが原因で自殺してしまった女子中学生。 その遺書に名前が書かれた子供とその親たち。現代を象徴するようなイジメ問題や自己中心的な親など、とても考えさせられる一作でした。


20110306VA_2.jpg 20110306VA_3.jpg 20110306VA_4.jpg 20110306VA_5.jpg

20110311VA_1.jpg

声優コース
「僕の東京日記」

2011年3月11日(金)・3月12日(土)・3月13日(日)の3日間で計4公演を行いました。 舞台は1970年代の東京春風荘。一人暮らしを夢見てお金持ちの家を飛び出した原田満男。 彼が住み始めた春風荘にはクリーニング屋のチンピラ、学生闘争から離脱を図るリーダーと元リーダーのおでん屋のカップルなど特異な人々が住んでいて、満男にはどれも全てが新鮮な世界でした。 ゆらぎの時代に青春を過ごした大学生の、自分探しの生活を描いたとても楽しい一作でした!


20110311VA_2.jpg 20110311VA_3.jpg 20110311VA_4.jpg 20110311VA_5.jpg

声優学科の卒業公演、いかがでしたか?
どれも学生が2年前にSHOBI 声優学科に入学してからの成長がたっぷりと詰まった舞台でした。 卒業後は、俳優・声優のたまごとして活躍の場を広げていく2年生。
これからの活躍が楽しみですね!!

SHOBI 声優学科には、声優としてプロで活躍する講師のきめ細かい授業やレッスンで
一人ひとりが確実に成長できる環境があります。
さぁ!声優、俳優を目指すキミも、SHOBI で夢を掴もうよ!


関連リンク
声優学科


  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop