2008.09.29

声優学科

【イベントレポート】声優学科1年生による発表会『ハムレット』

画像(300x200)・拡大画像(640x427)

2008年11月27日(木)、SHOBI 本館地下2階のスタジオブーカにて、声優学科1年生による発表会を行いました。
この発表会は4月から「戯曲講読」という授業で学んできた成果を発表するもので、学生たちはこの舞台のために日々稽古を重ねてきました。


上演されたのは、シェイクスピアによって17世紀に書かれた戯曲『ハムレット』。

中世の北欧を舞台に繰り広げられる悲劇で、演劇のみならず音楽、映画など数多くの芸術作品に影響を与えた大作です。

全5幕、4時間以上に及ぶ作品ですが、これを4つに分け、4つのクラスがそれぞれを演じました。

画像(225x150)
画像(225x150)

画像(225x150)
画像(225x150)

画像(140x210)
画像(140x210)
画像(140x210)

画像(225x150)
画像(225x150)

画像(225x150)
画像(225x150)

どのクラスも見どころの多い舞台でしたが、特にクライマックスの決闘シーンはとても迫力があり、演じている学生ひとりひとりの、役に対する真剣な取り組みを感じとれました。

客席には、声優学科はもちろん他学科の学生の姿もあり、長時間に及ぶ上演にも関わらず最後まで真剣な表情で鑑賞していました。
終演後、出演した学生たちがお互いの演技に対して素直な感想を伝え合ったりしていたのが印象的でした。

このような数多くの発表の場を通じて、ますます成長していく声優学科の学生に今後もご注目ください!


【関連リンク】
声優学科

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop