2008.09.28

プロミュージシャン学科

【オーディションレポート】学内オーディション『FIRST STEP AUDITION Vol.5』

画像(300x168)・拡大画像(640x360)

2008年11月1日(土)、SHOBI 本館地下2階のスタジオブーカにて
プロミュージシャン学科による学内オーディション
FIRST STEP AUDITION Vol.5』を開催しました。

今年度5回目となるこのオーディション、合格したアーティストには学内レーベルからリリースされるCD「GET MUSIC」シリーズのレコーディング参加権が与えられたり、「Rise up Audition」をはじめとした音楽業界関係者を招いての公開オーディションに出場する権利を得られる、いわば"デビューへの登竜門"。
それだけに、毎回多くの学生が在学中のデビューを夢見て参加しています。

画像(140x210)
画像(140x210)
画像(140x210)

画像(225x150)
画像(225x150)

今回もプロミュージシャン学科から8組、ヴォーカル学科から2組、計10組のアーティストが出演、それぞれがアツい想いをぶつけました。

審査を担当するのはプロミュージシャン学科 学科長の高野 正一先生をはじめとした総勢5名の先生たち。
各々の演奏終了後には「プロの視点」から、演奏に対する率直な感想や技術的なアドバイスまで、さまざまなコメントをもらいました。時には厳しい言葉も飛び交いましたが、それらも含めてとても参考になったのではないでしょうか。

画像(140x210)
画像(140x210)
画像(140x210)

画像(140x210)
画像(140x210)
画像(140x210)

画像(225x150)
画像(225x150)

今回、見事合格したのは3組。
10組中3組というと少なく感じられるかもしれませんが、これは先生たちが常に真剣な姿勢で審査に臨んでいるからで、なんと過去には「合格者なし」だったことも...
学内オーディションだからといって、決して審査に"妥協"はないのです。

ライブとはまた違った、オーディションならではの緊張感を味わうことで、プロミュージシャンとして必要な技術や経験を身につけていくことができるんです。
合格したアーティストはもちろん、今回惜しくも合格を逃したアーティストも、先生からもらったコメントや自らの経験を元に、音楽にさらなる磨きをかけていきます。

画像(180x239)
出演者名 曲目
voices (バンド) ★合格!★ Butterfly Effect
小澤 一貴 (弾き語り) 星空の下で
守山 勇太 (弾き語り) 君に会いたくて
GJÖLL (バンド) DEAD SONG
山澤 麗美 (弾き語り) Mayday
KOOL (ユニット) 心の声
Pink Cherry (バンド) キミガスキ
ISAMU (弾き語り) ★合格!★ 勇気
井出 真奈美 (弾き語り) ただいま
くらげ (バンド) ★合格!★ パーティーボーイ。

SHOBI プロミュージシャン学科では、定期的にこのようなオーディションを開催し、未来のプロミュージシャンたちを育てています!

【関連リンク】
プロミュージシャン学科

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop