2006.05.02

ヴォーカル学科

ヴォーカル学科の名物授業、今年も開店です!

画像(180x135)

ヴォーカル学科には、入学してすぐの名物授業があるんです。
東先生、糸賀先生による「ヴォイストレーニング」がそれ。
「歌のウマイ高校生」から脱皮して、プロのヴォーカリストになるための第一歩を踏み出す“通過儀礼”。
この名物授業を受けることで、観客を魅了する“声”って何?人を感動させて勇気までも与えることのできる“歌い方”って何?・・・ということを追求する長い長い旅へと、ワタシたち SHOBIヴォーカル学科の学生は旅立つんです。


画像(180x135)

歌に対する考え方、歌に取り組む姿勢が一変します。

カラオケで自分だけが満足できる歌い方だけでは、人を感動させることができない。

今までの自分って一体なんだったんだろう?歌で、自分は何を人に伝えたかったんだろう?

よくよく考えれば、そんなことはこれまでちっとも考えたことがなかったじゃないか!・・・授業を受けた誰もが、そんなショックを受けて、同時に新しいスタート・ラインに立ったことを肌身で感じる瞬間です。


身体的な基礎ができていないと、本当に表現したい“声”は絶対に出せないんだなぁ。。。

東先生、糸賀先生がちょっと見るだけで、すぐにトレーニングが必要なポイントを見抜かれてしまいます。

それが、この写真の様子、ううっ、カラダが固い!顔がこわばる!ひぇー、腹筋キツい!

ヴォイストレーニングって、ここまでやるのか・・・。

画像(180x135)
画像(180x135)

ヴォーカリストはカラダが楽器・・・とよく言われます。他人にマネできない自分だけの魅力的な声 ( =プロとしての声 ) を作るためには、自分の体と声をよく理解するということ、毎日の正しいトレーニングが必要なんだということを無言のうちにも、先生から教えられます。
毎回の授業で確実に変わっていく自分の声。ゾクゾクするような充実感。最初は苦しくても、同じクラスのみんなが、だんだんと目が輝いてくるのがわかります。

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop