2006.05.03

ミュージックビジネス学科

1年次からイベント制作の現場が体験できるってホントですか!?

画像(173x150)

ミュージックビジネス学科のマドンナこと、美人で学生に人気のある稲村先生にミュージックビジネス学科の授業について紹介してもらいましょう。


---- 1 年次からイベント制作の現場に出れるんですか?

もちろん。音楽ビジネスは、やっぱり経験が大事。

1年次から?あまい、あまい。入学してすぐ、5月頃にはイベント現場の現場を体験することになります。

夏前には、みんなが憧れる音楽ライブの現場にも、先輩である2年生のお手伝いとして参加することだってあります。

秋になれば、1年生だけで、ミュージシャンのライブを全面サポート。

ライブを企画して進行して、アーティストのスケジューリングから楽屋での諸々の世話、ライブの撮影、ライブのチケット販売をはじめとしてプロモーションに関わるすべてのことをするのです。

画像(172x150)

---- それって、もう授業というより音楽プロダクションそのものですよね?
そうなんですよ。ですから、SHOBI授業として行う様々なアーティスト・サポートは「春日組」という名前で、プロダクション活動とミュージックビジネス学科の学生がしてとらえられているんです。

---- 授業がそのまま現場の体験となっている?
そういうことです。

---- ところで、先生も講師とは別に、音楽ビジネスの仕事をしているんですか?
私は、プロダクション所属していて、ミュージシャンの新人発掘の仕事をしています。

画像(172x150)

---- あっ、プロの業界の方なんですね。
八王子に歌のうまい路上ライブの子がいると聞けば、すぐに駆けつけたり、若い子達の間で話題となっているライブがあれば、とりあえずそっと潜入してみたり。
宝石の原石を掘り当てた時のドキドキ感といったら、それはもう。
まあ、そんなドキドキを、SHOBI の在学中に、ぜひ味わってもらいたいんです。

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop