2004.02.01

SHOBI

「ヘブンアーティスト東京」にSHOBIミュージックビジネス学科とミュージカル学科が運営サポートで参加

画像(159x225)・拡大画像(400x565)

10月27-29日上野恩賜公園で「ヘブンアーティスト東京」が開催され、SHOBIミュージックビジネス学科とミュージカル学科から総勢120名が運営サポートとして参加しました。

今回の出演者はヨーロッパ各地からの海外招聘アーティスト5組と、審査により選定された70超のアーティストでした。期間中の上野公園では空中ブランコ・ジャグリング・音楽・伝統芸能などが上野公園全体で披露され、3日間で32万人以上の幸せな顔と笑い声でいっぱいになりました。
SHOBI では2001年のヘブンアーティスト事業立ち上げ以来、NPO法人との協働で参加しています。活動内容は記録撮影・編集・DVD制作など運営全般に及びますが、これらはミュージックビジネス学科等のカリキュラムそのものであり、学びながら実践していくSHOBI ならではの活動現場の設定といえます。
年間を通しての銀座・新宿・三軒茶屋・上野・渋谷など各地域行政・組織・地元との活動は、参加する学生の社会性と時代性、そしてひとりひとりの逞しさを育ててくれています。このような社会貢献活動を通して培われる各種文化や多くの人々との交流が、将来におけるSHOBI 学生の“地域や隣人に対する優しいまなざし”となり社会に還元されていくことを確信しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ヘブンアーティスト事業」とは、東京都が審査により選定したアーティストにライセンスを発行して、公園や地下鉄の駅など、公共施設の一部を活動の場として提供することによって、 「街のなかにある劇場」として都民が気軽に芸術に親しむことができ、アーティストと観客との交流をとおして芸術文化を育む場としていくものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ボランティアセンター 松井恵史)


  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop