2004.02.01

SHOBI

SHOBIミュージックビジネス学科中心の53名が「ヘブンアーティストin GINZA」運営にボランティア参加しました。

画像(211x300)・拡大画像(452x640)

毎年“こどもの日”は、新入生にとって<銀座デビューの日>です。学外活動第一弾が<GINZA>(ワォー!!)
老舗店やヨーロッパ一流ブランドが軒を並べるゴージャスな地域での活動ですから、参加学生にとってはビックリ!驚き!なんていうスゴイ学校なんだろう!なのかな。

「ヘブンアーティスト事業」は東京都認定のストリートパフォーマンスの制度で、行政・地域&ボランティアの協働で実施される新しいスタイルの文化芸術活動です。その運営ボランティアにSHOBIミュージックビジネス学科を中心に合計53名が参加しました。
ボランティアの活動内容は運営サポート・アーティストアテンド・記録撮影が中心ですが、今回も東京都・銀座地域の皆さんと共に、楽しいGW・豊かな時間の提供を目指して頑張りしました。

天候に恵まれ、銀座には80万の人・人・人。
「ヘブンアーティスト in GINZA」には、35,574人の観客が・・・・・(詳しい!)。
集客カウントは運営の重要な仕事です。
五月晴れの空に素敵な音楽が風のように舞い、江戸の伝統芸や素晴らしいパフォーマンスには笑い声や感嘆が続きました。家族連れやカップルの笑顔や楽しそうな表情が溢れる会場では、この活動に対する確かな手ごたえを実感することができました。

裏方を支えたボランティアメンバーは、最後に通りのゴミを拾い集めます。これも毎年続けている活動ですが、お買い物帰りのご婦人から声をかけられました。
“ボランティアの若者たち、五月の風のように爽やかですね!”
アリガトウゴザイマス!
(ボランティアセンター 松井よしのぶ)


  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop