2004.02.02

SHOBI

【ボランティアセンター】「文の京カレッジコンサート」

「文の京カレッジコンサート」は、文教の地としてとして現在も多くの教育機関が集中する本区において、音楽を通して大きな感動と幸福感を共感し合い、文京区の音楽文化の一層の発展と、その一翼を担う若手音楽家の輩出される事を願い、区内教育機関の演奏団体による学生のフレッシュで洗練された演奏を発表するコンサートです。

この日のSHOBI JAZZ ORCHESTRAには、スペシャルゲスト塩谷達也氏が登場。
バンドメンバーと共に歌うゴスペルミュージックは、会場を埋めた聴衆に“音楽の魂”を伝えてくれました。


画像(300x231)・拡大画像(640x493)


画像(193x300)

はてさて、

社会は若者に

どんな音楽を求めているのでしょうか。

音楽を通して

何を期待しているのでしょうか。

・はちきれんばかりの笑顔

(悩んで落ち込むこともあるよね)

・夢中で取り組む清々しさ

(疲労感もありますし)



しかし、

現実を無視しつつ社会は望む

大人は見たい!

若者の弾けんばかりの躍動を!



なぜなら、

キミたちの存在そのものが魅力だから

キミたちの成長が社会の進化そのものだから

(若者のいない世界なんてどんなかいな)



画像(100x130)

画像(100x130)
画像(100x130)
画像(100x130)

画像(300x200)

だから
君たちは頼られているんだな
「愛や人生を歌ってくれ」・・・と
「凄い演奏をしてくれ」・・・と

だからねミンナ、
頼むから・お願いだから、
良い音楽を聴かせてくれ!

WE LOVE MUSIC.


(ボランティアセンター 松井よしのぶ)





【関連リンク】

スペシャルゲスト 塩谷達也さんオフィシャルホームページ

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop