2004.10.01

音楽総合アカデミー学科

【教えて!~どうして決断したの?】芸術表現アカデミー学科(現・音楽総合アカデミー学科) 諸井 祐子さんの場合

画像(191x250)

■歌ったときの気持ちよさがやみつきに。
「歌を仕事にしたい、歌手になりたい」と思ったのは、中学生の頃です。文化祭で、1,000人の観客を前にして、ル・クプルの『ひだまりの詩』を歌ったんですが、その時の“気持ち良さ”ったら、ちょっとやみつきになりました。
中学・高校の頃はずっと「バンドを組みたい」と思って、バンド活動に強い憧れを抱いていました。でも、今のように音楽に全力投球できるようになるまでには、紆余曲折があったんです。

■取り残されてゆくような寂しさ
高校には軽音楽部が無かったので、大学に入学するや憧れの軽音楽部の門を叩きました。もう待ち焦がれただけに、すっかり“大学生活=軽音”になってしまいましたね!
でも卒業を前に、心の支えだったサークルの仲間たちが、一人また一人と就職活動を始めるようになって、「私はどうすればいいの?」と、まるで取り残されてゆくような寂しさを感じました。

■もしかしたら歌の仕事って実はいっぱいあるのかも?

「音楽の仕事がしたい」という思いを持ち続ける中で、ふと“道標”を見つけたんです。「歌手の仕事って、大きなステージに立つことだけじゃないかもしれない。大スターなんかになる必要なんてないんだ。テレビや街角などで、ふと耳にする音楽だって“誰か”が歌っている。それって、それを仕事にしている人がいるってことじゃない?歌の仕事って、実はいっぱいあるのかもしれない!」


画像(177x250)

■ここなら信用できる

歌をやりたい。その思いは強まるばかりでした。一方で、「歌を仕事にするには、一人じゃあ限界がある」と、冷静に考える自分もありました。そこで「よし、学校に行こう!」そう、思ったんです。SHOBI を選んだのは、いろんなジャンルのヴォーカルが学べるから。歌を仕事にするにはそれが大事だと思いました。SHOBI のオープンカレッジは、他の学校とは違いました。「あなたは、これこれがダメね」と、びしっと弱点を言い当てられて、ホントに驚かされたのと同時に“ここなら信用できる”と思いました。



■私にヴォーカリストとして

なくてはならない財産をくれたSHOBI


SHOBI の2年間のレッスンで、ものすごく自分の声が成長したのを実感しています。それだけではありません。SHOBI の先生は、いつでも私の話をきいてくれました。今でも「強い決心をしたいとき」、「悩んでいるとき」、「迷っているとき」には、SHOBI の先生に相談します。



今は、もう一度バンドをやってみようという気になっています。かつてのサークルの仲間たちに誘われて、ジャズ・ポップスのバンドに参加しているんです。他にも、いろんな事に挑戦しようとヤル気がみなぎっています。SHOBI の学生だったことによる多くの有形・無形の資産は、ヴォーカリストとしての道を歩んでいく今の私にとって、無くてはならないものになっているんです。



【※このインタビューは2007年7月に行われたものです。】





プロフィール

諸井 祐子 ( もろい ゆうこ )

芸術表現アカデミー学科(現・音楽総合アカデミー学科) ヴォーカルコース卒業生



2001年3月 埼玉県立伊奈学園総合高等学校 卒業

2001年4月 獨協大学 外国語学部 言語文化学科 入学

2003年9月 獨協大学 外国語学部 言語文化学科 自主退学

2005年4月 SHOBI 芸術表現アカデミー学科(現・音楽総合アカデミー学科) 入学

2007年3月 SHOBI 芸術表現アカデミー学科(現・音楽総合アカデミー学科) 卒業

※現在はバンドでのライブ活動を中心に、ゲーム音楽のヴォーカルを担当したり、様々な方面で多彩な活躍をしている。

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop