2004.10.01

音楽総合アカデミー学科

【教えて!~どうして決断したの?】音楽総合アカデミー学科 近藤麻美さんの場合

画像(200x270)

近藤麻美さんは音楽総合アカデミー学科に3年次編入学をした学生さんです。

●実はピアノを辞めようと思い・・・

東京音楽大学でピアノを学んでいた時に腱鞘(けんしょう)炎になり、ピアノを辞めようと思って1年近くバイトばかりして音楽から遠ざかっていました。
ある時、やはりピアノを弾きたいと思って再びピアノを弾き始めました。離れていた1年分以上にもっともっとピアノの勉強をしたいと思ったんです。

●自分に足りないと思っていた事を学べる
卒業後、大学院に進学しようか悩んでいた時、お世話になっている先輩に相談したら専門学校のSHOBI をススメてもらいました。さっそくSHOBIの資料請求をして、他の学校や大学院などと比べてみたんです。大学は年に1回だけのテストだったのですがSHOBI は年3回の試験があり、自分に足りないと思っていた、“短期間で曲を仕上げる”という事を学ぶのにはSHOBI が1番良いと感じました。


画像(215x231)

●今まで知らなかった音楽の世界を体験

少人数の授業なので先生がひとり一人の学生のことを覚えてくれて、個性に沿ったメソードで教えてもらえるんです。

クラシック以外にJazzも気に入っていて、からだに刻み込まれるリズムが気持ち良くて好きなんです。SHOBI ではクラシックだけでなくJazzやPopsも勉強できるので、今まで知らなかった音楽の世界を体験しています。もちろんCDを聴くだけではなく、様々なジャンルのアンサンブルで演奏に参加できるのが気に入っています。


●今しかできないチャンスを逃さないように

1度はピアノから離れましたが、これからはどんなことがあってもピアノを弾いていたいです。お世話になった先生や両親に少しでも恩返しできるような演奏をしていきたいんです。

社会に出ることは、いつでも出来ると思うんです。これから音楽の道を目指す人は、今しかできないチャンスを逃さないように頑張ってください。

【※このインタビューは2008年12月に行われたものです。】


プロフィール
近藤 麻美(こんどうまみ)
音楽総合アカデミー学科 演奏表現コース鍵盤専攻

2004年4月 東京音楽大学入学
2008年3月 東京音楽大学卒業
2008年4月 SHOBI 音楽総合アカデミー学科3年次編入学(在学中)

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop