2004.10.01

アレンジ・作曲学科

【教えて!~どうして決断したの?】アレンジ・作曲学科 重村 紗里さんの場合

画像(213x250)

●毎日ピアノを学んだ大学生活。作曲は、まったくの初心者だったんです。
SHOBI 入学前は東京音楽大学でピアノを学び、プレイヤーとしての演奏技術を磨き上げる毎日でした。3年生になって、“大学院への進学”“就職”“未経験のことも学んでみたい”という三択で悩んでいました。この時点では、まったく作曲未経験。でも作曲には興味があったんです。

●体験したレッスン・先生・学校の雰囲気。どれもフィーリングが合う気がした。
卒業後の進路を決めかねていた頃、ちょうど私が教育実習をしていた学校の先生に「作曲に興味があって“やってみたい”と思うんだったら、専門学校に行くのがいいよ!」と言われたんです。私にはその一言が、大きなきっかけとなり“まずは、作曲の術を教えてくれる専門学校を見に行ってみよう!”と思い始めました。
インターネットで色々探すなかで目に留まったのがここSHOBI 。
なにより“アレンジ・作曲”というワードが興味をそそり、コースなど学科の仕組みがとても分かりやすかったのが好印象でしたね。
いざオープンカレッジに参加してみたら、体験レッスンはもちろん、先生もとてもフレンドリー。「ここなら私にあっている気がする!」と感じ、作曲でがんばってみようと決意。
SHOBI への入学を決めたんです。


画像(209x220)

●仕事の現場をリアルに教えてくれる授業

授業では作曲理論やアレンジ(編曲)など、深い部分まで教えてくれる内容とても満足しています。DTMのソフトを使った打ち込みなど、とにかく今までやったことがないことばかり。分からないことは積極的に先生に質問すれば、細かくとても丁寧に教えてくれるので、まったくの初心者だった私でも充分ついていけるんです。

ソングライティングコースに入ったので、歌モノを作る上でためになることが沢山。それにSHOBI の先生は、今も現場で活躍しているプロが多いので、仕事の現場をリアルに感じられる授業も魅力ですね。ウラ話だってきけちゃいますよ?



●作品をアーティストに表現してもらうのが今の私の夢

卒業後は、SHOBI で学んだことと今までの音楽経験を生かして、自分の楽曲をさまざまなアーティストさんに表現してほしいと思っています。

まだまだ作曲家としては未熟なので沢山の経験をして、狭いジャンルに固執せず、多くのジャンルの楽曲を制作できるように成長していきたいですね。



●自分が後悔しないようにチャレンジしてみてください!

SHOBI 入学前には何もわからなかったけれど、ふと興味をもった“作曲”という仕事。

少しずつですが確実に知識を得て、“作曲を仕事に将来がんばってみよう!”という確かな目標に向かっている今の私。

みなさんも“やってみたい!”という気持ちがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

あと、やっぱり入学前は同級生との年の差も不安のひとつだったんですよね。

でも、いざ入学したら留学生も沢山いるし、年上の子だっているから年齢差なんてまったく気になりませんでした。むしろ同じ目標を持つ仲間と一緒に成長できる、楽しい学校生活が待っているから、後悔しないようにがんばってくださいね!



【※このインタビューは2008年12月に行われたものです。】






プロフィール

重村 紗里(しげむら さり)

アレンジ・作曲学科 ソングライティングコース



2004年4月 東京音楽大学 入学

2008年3月 東京音楽大学 卒業

2008年4月 SHOBI アレンジ・作曲学科 入学(現在在学中)

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop