2004.10.01

管弦打楽器学科

【教えて!~どうして決断したの?】管弦打楽器学科 小幡 愛くんの場合

画像(174x250)

■沢山のジャンルを演奏して経験をつんだ大学時代
中学に入って始めたトロンボーン。
色々と束縛されるのが嫌で、高校では市民楽団(川崎吹奏楽団) に所属して、割と気ままに音楽を続けていました。“気ままな音楽”という点では、大学でも同じでした。バンドを組んでいる友人によく誘われて、ロックあり、スカあり、スカパンクありなど、いろんなシチュエーションのエキストラとして参加してトロンボーンを吹いたことが、ある意味僕のその後を大きく左右することにもなったんです。この時期に、いろんな音楽に接することができて、いろんな経験を積めたと思っています。

■SHOBI の管弦打楽器学科サイト「HARMONIE」をみて刺激をうけたんです
大学卒業後もトロンボーンを忘れることはありませんでした。友人と“リハ・バンド”組んだりもしていましたが、だんだんと物足りなくなってきて「ヤマハ音楽教室」で月3回トロンボーンのレッスンを受けるようになりました。そこでレッスンの先生が SHOBI の先生方のお話をよくされていたので、それがSHOBI に興味を持つきっかけとなったんですね。

ネットで SHOBI の事を検索してみると、吹奏楽専門の「HARMONIE」( アルモニー ) というサイトがあることを知って、“楽器別のクリニック”とか興味のあるコンテンツをよく見るようになりました。
そのせいか「やっぱり、トロンボーンをやりたい!」という気持ちが抑え難くなって、SHOBI のオープンカレッジに参加してみようと思い立ちました。オープンカレッジでは、ビッグバンドの演奏に自分を重ねてみたりしながら「この人たちとならいっしょにやれるかな」と思えたんです。それにSHOBI にはフィーリングの合う先生がいて、その先生に習いたくて入学したのも正直なところですね。

■横のつながりがあるSHOBI
SHOBI の管弦打楽器学科は、他の学科との“横のつながり”が結構あります。例えば、プロミュージシャン学科の人たちとも共演する機会があります。大学の頃、音楽を心の底から楽しんでいた頃のワクワク感が蘇ります。
本番の機会も多いんです。入学して2ヶ月で早くも、東京ドームシティのLaQua広場で観客を前にビッグバンドのメンバーとして演奏している自分がいました。


画像(270x180)

将来は、ジャンルにとらわれずに演奏できるプレイヤーになりたい、マルチに活躍できる“スタジオミュージシャン”になりたいと思うんです。



自信ですか?この際だから、言っちゃいますと

「2年後にはきっと!」

・・・ですね。





【※このインタビューは2007年7月に行われたものです。】





プロフィール

小幡 愛 ( おばた あい )

管弦打楽器学科 ジャズ・ポップスコース



1998年3月 明治大学付属明治高等学校 卒業

1999年4月 神奈川大学 経済学部 経済学科 入学

2004年3月 神奈川大学 経済学部 経済学科 卒業

※大学在学中より株式のデイトレーディングをはじめ、卒業後も自宅で続ける。

2007年4月 SHOBI 管弦打楽器学科 入学(現在在学中)

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop