2004.10.01

ミュージカル学科

【教えて!~どうして決断したの?】ミュージカル学科 美和 彩香さんの場合

画像(212x222)

■子供達から気付かされたこと
小さい子供が好きで、幼稚園や保育園の先生になろうと短大へ進学したんですが、子供達に歌やダンスを教えているうちに「自分自身がやってみたい」という気持ちが抑え難くなったんです。小学生の頃は合唱団に入っていましたし、高校では演技のカリキュラムがある演劇コースに籍を置いていました。
もともと歌や踊りが好きだったんですよね。



■違う年の子が多い中で私は一緒にうまくやれるかなぁ・・・って。
舞台に立ってみたいと思うようになって、ネットでいろいろ検索してみたんですが、SHOBI でミュージカルを本格的に教えていることを知って俄然興味をもちました。
実は短大2年で既に、夏休みなんかに上京してはSHOBI のオープンカレッジに参加して体験レッスンを受けたりもしていたんです。
実際にSHOBI で感じたことは「施設が整っている」「スタジオの雰囲気がいい」ということ。とにかく雰囲気がとっても明るくて「いいなぁ、ココに入りたい!」と強く思いました。
もちろん不安はありました。学生さんは、ほとんどが高校を卒業したばかりの子だと思っていたので、私のように短大を卒業してみんなの中に入ってうまくやっていけるのかな?ミュージカルが好きというだけで本当に就職できるのかな?とか、それこそ両親はもちろん!たくさんの人に相談しまくりました。

■私の思いを支えてくれる人がいた
私の場合は、父親がとても理解があったんです。
自身が若い頃に東京で学生生活を送っていた経験があるからか「東京でやりたいことをする」という娘の気持ちに誰よりもエールを送ってくれました。
短大の教授も、ミュージカルの道を模索し始めた私の為にたくさん情報を集めてくれました。卒業後にSHOBI に進学したい旨を告げると「いろいろ調べたけど、SHOBI が一番よさそうだね」と言ってくれました。
この一言は心強い後押しとなりました。


画像(167x250)

■自分で決めたことだから

少しでも自分でなんとかしたい!


ただ、短大を卒業後すぐにSHOBI に入学するという訳にもいきませんでした。学費の問題です。短大の学費を両親に出してもらった上に、専門学校までもというのが躊躇われました。

そこで私は、一年間働いてSHOBI の学費の一部を、少しでも自分で払おうと決めたんです。短大卒業後「一年間限定」という条件でアパレルショップの販売スタッフとして地元の浜松で働きました。社長さんは、とても理解のある方で「“夢”があるっていいことだよ。がんばりなさい。」とずっと応援してくれたんです。



■自分で決めた将来だから

あとは夢に向かうだけ!


「一度だけの人生だから、あの時にやっとけばよかったと、後で後悔したくない」

という短大の時の決断は、報われています。

本当に毎日授業がとっても楽しい!

ミュージカル演習はおもしろいし、歌の授業では個人レッスンまであります。

先生をひとり占めしてヴォーカルレッスンを受けられるなんて、すごくありがたいです。

そしてなによりも、教えてもらっている先生たちがプロのミュージカルスター!

そんな先生たちに教えていただいていること、そして同じ空間にいる今の自分がちょっと信じられない気分です。



今は

「はやく先生たちと一緒にミュージカルの舞台に立ちたい」

という思いでレッスンに励む毎日が、本当に充実しているんです!!



【※このインタビューは2007年7月に行われたものです。】





プロフィール

美和 彩香(みわ あやか)

ミュージカル学科 ミュージカルコース



2004年4月 浜松学院大学 短期大学部 幼児教育科 入学

2006年3月 浜松学院大学 短期大学部 幼児教育科 卒業

2006年4月 アパレル会社 入社(アパレルショップの販売スタッフ)

2007年3月 アパレル会社 退職

2007年4月 SHOBI ミュージカル学科 入学(現在在学中)

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop