2008.09.26

音響・映像・照明学科

「GATSBY学生CM大賞2008」大賞ノミネート15作品の中に音響・映像学科の映像制作グループ“アリス”が選ばれました!

画像(300x200)

映像制作グループ“アリス”の2年生メンバー

映像制作を学んでいる学生を対象に株式会社マンダムがおこない今年で第3回となる「GATSBY学生CM大賞2008」(ギャツビー スタイリングシリーズ『ムービングラバー』を題材としたCM作品コンクール企画)で、SHOBI 音響・映像学科在学生の映像制作グループ“アリス”が最終選考をみごと通過し、大賞ノミネート15作品に選ばれました!!

この映像制作グループ“アリス”は、SHOBI 音響・映像学科2年生でリーダーの久津摩仁美さんをはじめ、同じく2年生の伊東 薫さん、関根実咲さん、堀田 亮くん、さらに1年生の三好洋平くんというメンバー。今回は、その中から2年生のメンバーに制作した映像作品のことからSHOBI のことまで色々インタビューしちゃいました!



画像(250x167)

●出品するきっかけは何だったの?
SHOBI の授業で「色んなコンテストに作品をだそう!」っていう機会があって、そこで見つけたのが「GATSBY学生CM大賞2008」でした。

●映像作品を制作する上で大変だったことはある?
まずひとつは作品の規定とされていた30秒に作品をまとめることの難しさですかね?撮影した素材がものすごい量だったので、編集をするのがとても大変でした。でもその大変さを経験したおかげで編集のコツとか、どうすればうまくいくか?ということがより深く理解できたんです。



画像(100x200)

伊東 薫さん


画像(100x200)

久津摩仁美さん

画像(100x200)

関根実咲さん

画像(100x200)

堀田 亮くん


あと、作品のなかで6種類の商品を袋からテーブルへ無造作に出すシーンがあるんですが、どうもうまくいかなくて・・・。テーブルから落ちちゃったり、カメラの枠に収まらなかったりで、結局そのシーンだけで数え切れないほどのカットを撮影したんですよね。
うまくいった時には「やっと撮れた!」ってすごい達成感でした。
あ、そうそう。実は撮影日まで最後のオチが決まってなかったりもしたんですよ。それはさすがに結構焦りましたね・・・(笑)

●色々とこの経験で得ることも沢山あったみたいだね
そうですね。この「GATSBY学生CM大賞2008」は、私たちにとって、とてもよい経験になりました。映像制作する中で経験した色々な失敗から多くのことを学ぶことができたし、自分たちのツメの甘さも実感できたんです。

●ところでSHOBI って在学生のみんなにとってどんな学校?

画像(250x167)

SHOBI 音響・映像学科では、1年生のうちから機材が使えたり、レコーディングスタジオやライブスタジオなども簡単な手続きで使用できたりと学生が自由に制作活動ができるんです。
それに、うちの学科は他学科のイベントサポートも頻繁だから、友達もいろんな学科に沢山いますよ!
なによりSHOBI は、どの学科も先生が頼りがいがあって、そのうえアツイ!
今回も、作品を出品するきっかけとなった授業を担当している植田 寛先生は、私たちが制作で悩んだときに色々なアドバイスをくれました。とても心強かったですね。

●11月15日(土)の授賞式で各賞が発表だけど、今の心境は?
15作品に選ばれたことにすごく嬉しかったしビックリしたんですが、色々と大変なことも乗り越えて自分たちも成長できた映像作品だから、授賞式でいい賞が頂ければいいなぁ・・・と思っています!

●ありがとうございました



若手クリエイターとして活躍が期待されるクリエイターグループ“アリス”から
今後も目がはなせませんね!

期待が高まる「GATSBY学生CM大賞2008」の授賞式は11月15日。
尚、GATSBYオフィシャルサイト内「GATSBY学生CM大賞2008」ページにて、アリスCM作品「初恋編」が公開されているので、ぜひチェックしてみてください!

【関連リンク】
GATSBYオフィシャルサイト内 「GATSBY学生CM大賞2008」ページ
音響・映像学科

  

ニュース一覧へ

オープンキャンパス:参加申込み受付中


PageTop